勘違いが救う命ってのが、この世界には沢山あるんだろう。その逆も然り....「メッセージボトル」amazarashi/感想

以前より格段とタイアップが増え、認知度もうなぎのぼりのamazarashi。




歌に力があるアーティストが売れて行くのは、本来嬉しい話ではあるものの「急いで買いに行かなきゃ、誰よりも多く買わなきゃ、奪ってでも手に入れなきゃ、愛を買わなくちゃ」と歌う”ラブソング”その他多くの楽曲で資本・商業主義を冷笑しているバンドの性格上、完全新作構成で無いアルバムや映像特典付きCD、書籍まで次々と出すようになって来ると、ファンとしてはちょっぴり小首をかしげてしまったりもする。











しかも今度はベストアルバムと来た。あのthe pillowsでさえベスト盤を出すことを躊躇い、ベスト盤の意義を見出すのに長い年月を費やしたというのに、もうベスト盤を出すのか?と正直思ってしまった。ただ、よくよく考えるとamazarashiも活動を始めて10年の節目であるし、「未だamazarashiと出会ってない人の為の一枚」と秋田ひろむが考えるのも無理からぬことだと、ベスト盤に収録された馴染みの曲を聴いているうちに考えは変わっていった。新曲「ヒーロー」も悪く無い。どうせなら「闇の中 〜ゆきてかへらぬ〜」も入れて欲しかったかな?











とりあえず、これまで四六時中amazarashiを聴いて来たファンは、映像特典と彼らの過去を綴った小説「メッセージボトル」を読むと良い。そうすれば”秋田ひろむ”に救われた自分たちが、その実”秋田ひろむ”を救っていたのだと分かって、少しだけ明日を生きる根拠を手に出来ることだろう...


IMG_3928.jpg













メッセージボトル(完全生産限定盤)(DVD付) - amazarashi
メッセージボトル(完全生産限定盤)(DVD付) - amazarashi

posted by lain at 21:37北海道 ☔音楽

普段は"たけのこ"派だけど、昨日ばかりは"きのこ"派だった『きのこ帝国ワンマンツアー2017「花の名前を知るとき」4/2 札幌 cube garden』感想

毎年言っているけれど、年が明けたなぁと思っているうちに、あっという間の桜が咲く季節である。

我が北海道にはまだ縁遠い話ではあるけれど、確かに春の陽気が最近増して来て、風さえ吹かなければとても暖かく感じる。



そんなだから、昨日の札幌遠征も、どうせ直ぐ会場入りするだろうと薄着で向かったものの、あいにくの曇り空とcube gardenの駐車場に流れるビル風に吹かれ案外寒く、なんだかんだでやっぱりここも北海道だなと思った。

IMG_3913.jpg




日程的にも会場的にも去年とほぼ同じだった今回のライブ、違ったのはボーカルの佐藤 千亜妃の髪が若干長くなったのと、谷口くんの前髪が鬱陶しさを増していたこと。そして当然ステージパフォーマンスも高まっていた。

パフォーマンスと言っても、MCとか客いじりのことでは無い(そこら辺は相変わらず下手)勿論ボーカルや演奏のことだ。女の子らしく表情を変える声の中に1本筋が通っているような佐藤千亜妃の深みのある存在感は流石だし、ノイズまでが音楽です!と言わんばかりのギター演奏もキレキレ。きのこ帝国にしか作れない空間があそこにはあった。これからもストイックに音楽と愛に向き合うバンドでいて欲しい。

一つだけ勿体無いと思ったのは、ラストの曲が「疾走」じゃなかったこと。


いつかまた会いましょう

どこかでまだ息をしてる



と結ぶ疾走の歌詞こそが昨日のステージには相応しかったから......








セットリスト


1.桜が咲く前に

2.怪獣の腕のなか

3.クロノスタシス

4.海と花束

5.猫とアレルギー

6.LAST DANCE

7.夏の影

8.MOON WALK

9.スカルプチャー

10.畦道で

11.雨上がり

12.風化する教室

13.愛のゆくえ

14.夜が明けたら

15.東京

16.死がふたりをわかつまで

17.クライベイビー


アンコール

18.疾走
19.
ありふれた言葉







関連過去記事
posted by lain at 07:02北海道 ☔音楽

amazarashiと雨曝しのロボット達

やっと木曜日も終わりだと重い脚を引き摺り帰宅し、さあ今夜は”ニーアオートマタ”遊ぶぞぉ!と思ったら全然事前DLが出来ておらず断念。代わりに配信が始まっていたamazarashiによるニーアとのコラボシングルを聴いて気を紛らせていた。



曲だけでもニーアとの蜜月具合が伝わって来る仕上がりなのだけど、MVは更に衝撃的でドール好きの一人としては見るのが本当に辛かった。今夜届くはずのディスク盤に付いて来る絵本がどんな物に仕上がっているのか気になって仕方ない。今夜こそニーアとamazarashi三昧で決まりだ。





話は変わるけれど、2、3日前にTwitterでフォローされて存在を知ったJunk Robotという女性一人のソロプロジェクトがなかなか興味深かった。




内外的に憤りを抱え、純粋故の八方塞がりな生き方をしている辺り、女版”尾崎豊”と呼ばれた”橘いずみ”と同じく、女版”amazarashi”と呼びたくなるJunk Robot。まだまだ”秋田ひろむ”ほどの質量は彼女の歌に無いけれど、その尻の青さが逆に初々しくて応援したくなるし、これから先もっと深淵を覗きに行ける彼女が羨ましくもある。

どんどん知名度が高まって来たamazarashiや、それに感化されながら自分の歌を模索するJunk Robotのように、これから先も純粋さ故に傷ついた人たちの歌が拡がって行くのでしょうね。


それが良いことなのか悪いことなのかは分からないけれど......














関連過去記事

posted by lain at 06:58北海道 ☔音楽