変わって欲しくない人と、幸せになって欲しい人が同じ人ならば...『amazarashi Live Tour 2017「メッセージボトル」Zepp Sapporo』感想

公式的には特に触れていないが、前身のアマチュアバンドから数えれば今年でamazarashiは結成10周年のバンドで、世界にも自分にも『否』を叩きつけるような曲の数々は、気づけば幅広い世代を振り向かせるうねりとなり、自慢の反骨精神がゆらぐほど売れ始めている。

資本主義に背を向ける歌を謳って来たamazarashiにとって、それが良いことなのか悪いことなのかは意見が分かれるに違いないけれど、amazarashiの根幹である秋田ひろむが、生まれたこと生きていることを自ら肯定出来るようになって来た証拠ならば祝福してあげたいと僕は思っている。


『これは俺が愛したamazarashiじゃない』


そう感じる人は当然いるだろうし、最近の優しいamazarashiの方が好きな人だという人も大勢いることだろう。ベスト盤をひっさげての今回のツアーは、どちらかと言えば後者のファンが嬉しいツアーだった。キャッチーなタイアップ曲や希望が最後に残るようなセットリストになっていて、定番である「奇跡」「つじつま合わせに生まれた僕等」「ひろ」等の流れからの秋田ひろむの素直な気持ちが心地良い新曲「たられば」でトドメとなり、僕は人目を憚りながら泣いてしまった....





長く音楽をやっていれば、それだけ歌の数もファンの数も増えてゆく。それら全てを満足させることなど当然出来るわけもない。それこそ「出会いと別れを繰り返して」秋田ひろむとamazarashiは進むしか無い。

僕もamazarashiの進む道に少々不安は感じている1人ではあるものの、自分の気持ち云々それ以上に秋田ひろむの行く末の方に気持ちは向いている。どんな彼になろうとも、それを受け容れたいし、紡ぐ歌が骨抜きになってしまったとしても、彼には幸せになって欲しい。amazarashiがこれまでもたらした希望と絶望の数々には、それだけの価値があるはずだと僕は勝手に信じているのだ。


ツアー途中での相次ぐバンドメンバーの脱落による延期に、無用な勘ぐりをせずにいられない僕ら。amazarashiとの試練の旅はまだまだ続くだろう。

全くもって悩ましいバンドを愛してしまったものである......

395AABB4-A16F-43EB-825D-3912F73B0103.jpg








関連過去記事


posted by lain at 07:11北海道 ☔音楽

「3時間かけて来ました、amazarashiファンです」

昨日の”こどもの日”のamazarashi最高だったなぁ......

ベスト盤出たばかりだから兎に角贅沢なセットリストだったよぉ......







とか、言いたかった............

IMG_4143.JPG.JPG






今年で何度目になるか分からないけれど、夏フェス以外で北海道に来てくれたら絶対駆けつけていたamazarashiのライブ。まさかの延期の自体が起きるとは露程にも思わなかった。

いつもは独りきりで秋田ひろむと対話しているような気分で味わっていたライブを、今年は友人と見に行けることになり、2人して意気揚々とくだらない話に花を咲かせていたからあっという間の片道3時間のドライブではあったものの、流石にZeppに着いてこの張り紙を目にした時は笑うしかなかった。

延期になるなんて情報出ていただろうか?と、ネットやメールをチェックすると、丁度自宅を出る1時間くらい前に公式発表が行われており、更にはチケットを買った運営からのメールになると絶賛運転中の14:30過ぎの連絡で、そりゃ気づけないよと力が抜けた.....




出羽良彰さんと言えば、彼が居ることでamazarashiを曲の面から好きになり、歌詞にも目を向けたという人までいるくらいだから、秋田ひろむの世界を他人が受け容れるうえで重要な役割を果たしているのは間違いない人物なので、当然ライブでも欠かせなかったのでしょうけど、あまりにも急な出来事に心が追いつかず、せめてアコースティックでライブを演ってくれないか?と考えてしまうほど、物販だけが開いているガラガラのZeppを後にするのが名残惜しかった。

これが初めてのamazarashiで、しばらくライブに餓えていたという友人は何処にこの有り余ったエネルギーをぶつければ良いのか分からない様子で暫く憤っていた。延期された日程が次も都合の良い日とは限らないし、相当ガックリ来たことだろう。彼に都合の良い日程であることを祈りたい....




何はともあれ、出羽良彰さんには早くよくなって欲しいですし、公式発表とは違い、人と人との衝突が原因で延期であるとか、そういう面に出せないトラブルで無いことも、心から祈っています.......
posted by lain at 10:42北海道 ☔音楽

スルー出来ないNakamuraEmiを聴いて捨てろ!?

最近どうもNakamuraEmiを素通り出来ない。積極的に動向をチェックしているわけではないのに、少しでも何処かで流れれば直ぐ彼女だと分かる。





自分のルールを押し付ける大人に、社会に、自分に苦笑い...そんな感じを受ける彼女の歌は、丁度世代の真ん中辺りを生きている自分と重なり非常に刺さる。自分語りな真っ直ぐさの歌詞は味わい深く、流石に社会人を経験した30代半ば苦労人アーティストだと思った。どうしようもなく”橘いずみ”を連想しまうのは僕だけなのだろうか?


ジャンルとしてはヒップホップなのだけど、ジャジーな雰囲気もあったりして小気味良い音の融合を聴かせてくれる。自他に対する平等な叱咤が伺える歌詞は結構な重量感がある中、曲の小気味さで絶妙にバランスが取れている所からも、女性らしいフットワークの良さが垣間見える。今30代の彼女が、この先どんな4050代になっていくのか楽しみだ。






彼女が手掛けた今期から放送している「笑ゥせぇるすまん」のOP曲も良い仕上がりなのでライブにも行きたくて仕方ない。


でも今年は日程的に無理かな.....





NakamuraEmi NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4~Release Tour 2017~

2017年4月25日(火)神奈川県 横浜BAYSIS

2017年5月2日(火)岐阜県 yanagase ants

2017年5月5日(金・祝)香川県 高松TOONICE

2017年5月7日(日)広島県 Live Juke

2017年5月9日(火)石川県 金沢21世紀美術館シアター21

2017年5月13日(土)北海道 cube garden

2017年5月14日(日)宮城県 darwin

2017年5月26日(金)福岡県 DRUM Be-1

2017年5月29日(月)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO

2017年5月30日(火)大阪府 BIGCAT

2017年6月1日(木)東京都 LIQUIDROOM




NakamuraEmi「笑ゥせぇるすまん」OP曲をラジオでフルサイズ解禁

続きを読む

posted by lain at 07:20北海道 ☔音楽