ハイハイ この指止〜まれ〜♪ 「Live tour『PLACE 2019』Sound Schedule|09.28(土)|札幌 BESSIE HALL」/感想

改めて言うことでもないが、自分は本当に意気地が無い。昔から失敗を恐れ”挑戦”ということをして来なかった。お陰様で小学生の頃は授業で習う跳び箱や鉄棒の逆上がりは勿論のこと、友達から野球に誘われても直ぐに戦力外通知を受け取ったものだった。

そんな自分が少し変わって来たのは高校に入ってから。家が貧乏なのに私立へ入った負い目を感じ、奨学金を受け取れるよう成績を維持しようと、それまでロクにやって来なかった勉強を少しはするようになって、やればやっただけ成果が出るものだと知ったことが転機になったように思う。就職してからは更に”やれば出来る”ことを実感した。これまで自分を器用と思ったことは無かったが、気が付けば周囲に器用と錯覚される程度には頼りになる人間になっていた。どんな人間でも粘り強くやっていれば身に付くことの一つや二つあるようだ。



そんな昔話がSound Scheduleとどう結びつくのか?と言われそうだが、ほんの数年前までライブに怖くて行けない人だったと言えば「あぁ」と思って貰えるかもしれない。お洒落に疎いくせに昔から人目が気になって気になって仕方ないところがあって、対人恐怖症かよというほど人前に出ると緊張で失敗しかしなかった。去年も仕事で大勢の前でデモンストレーションをしなければならない時、致命的な失敗を犯し未だに思い出しては凹んでいる....兎に角、ライブ会場など以ての外だったのだ。でも、それでも諦められない相手が居た。安藤裕子さんである。



役者としても活動する彼女の表現力にぞっこんだった僕は、2009年のベスト盤発売に合わせたツアーに意を決して参加することにした。その時はまだ独りは怖くて友人を巻き込んでしまったものの、翌年からはソロでも逢いたいアーティストに逢いに行くようになった。他人からしたら馬鹿馬鹿しいかもしれないが、自分にとっては大きな扉を開ける思いだった。そしてまたもベスト盤が後押しになり、ようやくSound Scheduleにも逢いに行く気持ちが固まって今回の参加となったわけであります(一度チケットだけ取って行かなかった前科があります....)




初めてSound Scheduleというバンドを意識した曲がこれだった。実際それなりに売れ、その後のシングルもそれなりに売れた。ところが僕がライブを怖がっているうちに解散してしまったのだ。これは本当に心残りだったから、その後の再結成と大石くんのソロ大成功のお陰で、こうして20周年の節目のツアーを北海道で目にすることが出来たことを心底嬉しく思う。彼らが上陸する度盛り上げてきた熱心なファンの方々にも感謝o┐ペコリ 

しっかし女性客は多かった。男女比は3:7くらいだったろうか?年齢層は幅広く流石自分と同年代の男たちのバンドだとは思ったけれど、アウェー感は拭い去れなかった。会場内でも若くはない(失言)女性二人がノリノリで僕の居場所を後ろへと徐々に追いやり勘弁して欲しかった。まあ、早いうちから、まるで何かのアトラクションかのように客を煽り倒してくるし、お笑い要素も仕込んでくるので、我を失い周囲のことなど御構い無しではしゃいでしまうのも無理はない。個人的には面食らってそこら辺は楽しみ切れなかったが、熱心なファンたちにとっては最高の夜になったことだろう。僕は縄跳びの輪に上手く入れずとも、大好きな曲達を生で聴けただけで十分幸せだったしね。

にしても大石昌良くんの喉管理は素晴らしい。冒頭から終盤まで全くスタミナの落ちを感じさせなかった。昔より今の方が若く見えるし、仕事を仕事と感じない瞬間があるほど、今が充実しているのだろう。ちょいちょいベースの沖くんにちょっかいを出して腐女子に燃料を投下したり、アンコールの”幼なじみ”の冒頭のギターの入りでメンバーの不意を突こうとする大石くんの悪戯っ子な顔は忘れられそうにない。





Sound Scheduleの音楽をこのまま埋もれさせたくないという気持ちが、自分だけのものでは無かったことが実感出来る良い夜だった。もうこの先これ以上は望めないほどのセットリストだから、行ける人、行きたい人は行った方が良い。腐れ縁の友達に逢いに行くみたいに。



ただ、川原さんは喋り始めると長いから気をつけろ(真顔







セットリスト

 1.IQ兄弟

 2.世直しブッダ

 3.グッドタイムコミュニケーション

 4.さらばピニャコラーダ

 5.運命の人へ

 6.フリーハンド

 7.わけあり

 8.燃やせ煩悩

 9.花火

 10.太陽の国

 11.シチューが飲みたくなる唄

 12.アンサー

 13.タイムマシーン

 14.言葉以上に

 15.君という花

 16.コンパス

 17.ピーターパン・シンドローム

 18.今ココにあるもの


アンコール

 19.幼なじみ

 20.スペシャルナンバー

 21.同じ空の下で




公式HP https://soundschedule.net

posted by lain at 11:26北海道 ☔音楽

つい欲が出てしまうほどの未完の大器っぷりが愛おしい「FLAT -Hall Live 2018-」女王蜂/BD/感想

楽曲だけでなく性別もボーダーレスの女王蜂。中心人物であるアヴちゃんは、もしかしなくともコンプレックスの塊で何かと拗らせていたりするようだけど、あそこまで批判を恐れず自分達の音楽をやっていれば、周囲の人間が彼に抱くコンプレックスの方が遥かに大きいのではないかと思ったりもする。

IMG_1687.jpg





以前も此処で書いたかもしれないが、女王蜂を知ったのはDAOKOとのコラボ曲「金星 Feat.DAOKO」で、”この人はいつもこんなに裏声や低音でダミ声を出したりしているのだろうか?”と興味が湧いてアルバムを適当に聴いてみたのが最初で、何処か良い意味での古臭さがあるのに、全く新しいものを聴いたような気分になったものである。こちらが彼らの音楽にハマりそうになる度、そうはさせじとぶち壊し始めるような振り幅に弄ばれ、どんどんそれがクセになっていくから女王蜂は怖い(褒め言葉)

本当なら是が非でも生で彼らを見たい、聴きたいところなのだけど、なにぶん女性や若い層に人気のあるバンドに思えるし、歌詞には陰鬱なものがあっても楽曲それ自体はノリの良いものが多いから、他のお客のノリに当てられそうで腰が引けてしまう。仕方なく円盤でライブを見てはみたものの、羽の付いた扇子がバブリィな時代状態で振られている光景など自分の方向性と真逆過ぎてかなりしんどいものがあった。自分にとっては距離感をはかるのが難しいバンドの一つになるやもしれない。




とりあえずそれはそれとして、ライブBDを見た率直な感想を言うならば、まだまだライブ演出には改善点が多いなと思った。素人風情なので何処がどうとは言い難いが、結局アヴ ちゃん頼みでステージが動いているような所が気になったかもしれない。確かにアヴ ちゃんはスタイルも目力も素晴らしく、内から込み上げる物を全身で表現する凄みのあるボーカリストだが、女王蜂の魅力は絶対にそれだけのものではないはず。メンバーそれぞれが程良いライバル意識で作り上げてこそバンドの醍醐味が味わえるというものだと思う。偉そうですまんo┐ペコリ 

それにしても思っていた以上にアヴちゃんはオネェだった。もう少し性別を行ったり来たりするような人物を想定していたのだ。衣装にしても男にも女にも思える存在を目指すのであればスカート姿ばかりでは物足りない(ツアーにもよるようだ)。個人的には和装、着物の着崩しなんかが女王蜂にはフィットしそうな気がしてならない。というか是非ライブでそれを見たい。楽曲的にも和のイメージが湧く物が多いし、それらをピックアップしたツアー等を企画しても良いのではないだろうか?

IMG_1699.jpeg
これはちょっと違うかなw




まあなんにせよ、まだ発展途上のバンドである。まだまだ先の楽しみというものがあって大いに結構じゃないか。いずれ勇気が満タンになったら生アヴちゃんに逢いに行こうと思う。

だからそれまでちゃんと歌い続けていてもらいたいものである。

IMG_1696.jpeg







関連過去記事

posted by lain at 06:52北海道 ☔音楽

人一倍不器用な男が唯一の武器で牙を剥く。それが、どうしようもなく好きなのだ....『amazarashi Live Tour 2019「未来になれなかった全ての夜に」Zepp Sapporo』感想

去年まさかのダブルブッキングをやらかし、どうしても今が旬なNakamuraEmiを諦めきれず数年ぶりに秋田ひろむのシルエットを拝まなかったわけだが、そのしっぺ返しなのか今年は指定席を確保出来なかった。しかしそのお陰で会場に目一杯お客様が入っていることを身をもって知ることが出来て、なんだか嬉しかった。赤字が解消したかどうかは分からないけれど「誰だお前は?」とamazarashiに対し口にするような人は音楽好きの中でまず居なくなったに違いない。


前々から多かったものの、非常に若い層が増えたなという印象も受けた。身なりにお金もかけられない感じの素朴な10代が独りで参戦という姿をチラチラ見かけ、アニメの影響もさることながら秋田ひろむの言葉にグサリとヤられたんだろうなと、嬉しさ半分、心配半分といった感じがした。17時開演というのは若者に丁度良かったのでは無いだろうか?親を説得し易そうである。遠征組のオジさん(僕は旭川から札幌まで)としても早い開場は非常に助かった。入場の手際も良くamazarashiとZeppの運営にはグッジョブと言いたい。


それはそうと、ライブそのものはどうだったのかと言えば、普通に前回同様「たられば」で泣かされるレベルで仕上がっていた。序盤随分と優しくて温かい雨を降らせるなぁと思っていたら、終盤しっかり観客を突き放して覚悟を見せつける辺りに痺れた。『まだこの男は死んでいない』そう感じる圧巻のステージだった。数年前の精神的に不安定そうな秋田ひろむにしか出せない色は確かに褪せてしまったかもしれないが、成熟した表現力で繰り出される”現在”の彼の言葉は、ただの戯言で片付けられない場所に到達しつつある。彼が生きるのをやめない限り、俺もまた彼に逢いに行くことをやめないだろうなと心から思える夜になった。




「ありがとう」


彼は感謝でライブを始め、感謝で終えた。


歌詞に何万文字を費やしても足りない全てが、その五文字に篭っていた気がしてならなかった。




IMG_1295.jpeg



posted by lain at 20:19北海道 ☔音楽