2015年06月12日

あのアーティストは今?....「白鳥マイカ」

 手持ちの曲が多すぎるせいか(それでもiTunes Match登録制限数に収まるように沢山消した...)遅々として進まないiTunes Matchの処理を待てず、処理が済んだ曲をiPhoneでランダム再生していたところ、たまたま”白鳥マイカ”さんの「空かける虹」が流れて胸を締め付けて来た。



♪今日からが始まり

 閉ざした目をそっと開いて

  今日終わりを告げる


♪都会の空を映し出す太陽

 かけるあの虹のように

  幻のままで

   それでも確かに

    僕らはここにいるよ…君と






 様々な出来事に打ちのめされて自分を見失ってしまいそうな時、それでも顔を上げていたら良いことあるよと、控えめに背中を支えてくれるこの曲に助けられた日々があったなと、懐かしさで時間が止まってしまいそうでした。

 正直ちゃんとアルバムを聴いたことは今までありません。シングルを数枚聴いただけであります。でも忘れることが出来ないタイミングで出会っていたことは間違いない。この際だから既存のアルバムを全て聴こうと思います。



 しばらく表立った活動はしていなかったようですが、楽曲提供や出産まで僕らに伝わり難いところで忙しくなさっていたらしい。どうやら今年に入ってTwitterも始めていたようだ。お名前を上げて呟いたらファボられました★

 色んな形でライブ活動もしてらっしゃるようですし、是非母親になったからこそ書ける歌詞を乗せた楽曲を発表していただきたいです。ネットのおかげで音楽配信も容易に出来るようになりましたしね♪





 インターネットもままならない時代のシンガーソングライターは音楽だけで生活するのに様々な障害があったはず。レコード会社と拗れて楽曲発表の場を失ってしまったり、インディーズとしてレコード店に置いて貰ってもテレビやラジオで取り上げられずまったく見向きもされないなんてこともざらで、これだ!と思って作った曲が売れない理由を知る方法も限られていて焦れったい思いをしていたに違いない。


 白鳥マイカさんに関しては、ご本人が案外マイペースであるのと、出産子育てという女性ならではの経験に割かねばならない月日が障害になったと言えなくも無いが、未だ”根岸孝旨”さんとの交流も切れていないようですし、何より音楽を愛する気持ちがまだまだTwitterからも伝わって来るから、人生経験として重要な出来事を障害だなんて言ったら怒られそうだ。



 その気になれば、いくらでもファンとアーティストの距離が縮む今の時代は、もう一度あの声を聴きたい!もう一度歌いたい!といった願いを叶えられる夢のような時代なのかもしれません。

 この先どのような活動をなさって行くにしても、白鳥マイカさんには音楽を愛し続けていただきたいです。












タグ:白鳥マイカ
web拍手 by FC2
posted by lain at 06:59 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 音楽 あのアーティストは今... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月31日

あのアーティストは今?....「黒田有紀」

ファンに歌では無く悲しいニュースを届けてしまったチャゲ&飛鳥の飛鳥涼だが、彼で思い出すのが耳タコになるほど姉が聴いていたはじまりはいつも雨と、彼が数曲プロデュースした歌手”黒田 有紀”だ。





飛鳥のアルバムにゲストボーカルな感じで参加したあと、あの人気格闘ゲームのアニメ化作品「ストリートファイターV」のOP&EDを歌い大いに注目されていたはずの彼女だが、1stアルバム「bicycle」の半年後、新たなシングルを出して数ヶ月後から活動がまったく見えなくなってしまいました。最後に出した「こんな日曜日」は完全に飛鳥とは関係の無い独り立ちへの一歩とも言えるシングルだったわけですが、あまり売れ行きが芳しく無かったから歌手の道を諦めたということなのでしょうかね?....

元々ストVの曲以外は自ら作曲したり作詞にもチャレンジしていたので、飛鳥から離れて活動しても編曲の十川 知司さんがいたのだから曲自体の良さはそれほど変わらないはずなんですが、やっぱりビッグネームによる宣伝効果から離れると、色々と難しいんでしょう。DL配信がメインになりつつある今ならレコード会社を介さなくても音楽活動を続けて行けますけど....

彼女の優しくて温かい楽曲達がとても良かっただけに、もう少し音楽の世界に居て欲しかったなぁ....結婚して歌手引退とか勿体無いw




ちなみにbicycleに収録された「TOYDOLL」が1番好きでした。道化のようなコミカルさでちょっぴり切ない童話を綴っている感じがとても良いんです。

風吹いてるとcryばかりネットに流れてますけど、けしてそれだけじゃ無い本物のアーティストでしたd(。ゝ(ェ)・)




3A0BD088-797C-4B8C-B14D-3864F6522DE6.png


web拍手 by FC2
posted by lain at 07:23 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 音楽 あのアーティストは今... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月26日

あのアーティストは今...「トルネード竜巻」

 来年の2月には活動休止から5年を迎える”トルネード竜巻”

 ボーカルの”名嘉真 祈子”さんと、作詞作曲をほとんど手掛けていた中心的人物”曽我 淳一”さん、そしてドラムの”柿澤龍介”さんは、まだまだ音楽漬けな感じですが、ギターの”二木 大介”さんはググっても全然関係無さそうな同姓同名な人ばかり出て来て不明。

 曽我さんは”清浦夏実”さんの楽曲を手掛けたり、”喜多修平”さんのLIVEに鍵盤で参加したり、最近で言うと”つじあやの”さんが「シチュ〜を食べよう〜♪」と歌っているCMソングの編曲などをやったりしてて、トルネード竜巻時代より棘が抜けて大衆寄りな音楽作りになったように思います。

 『“新タイアップの女王”つじあやの、「ハウス北海道シチュー」CMで話題の新曲配信スタート』


 トルネード竜巻も根底にはジャパニーズポップのベタさがあったとは思いますが、ボーカルが名嘉真さんじゃないというだけでも、曽我さんの楽曲の良さが伝わって来ない気がしちゃいました。それからドラムの柿澤さんは、かなりマニアックな方達のライブやレコーディングのメンバーをしつつ、ドラムスクールの講師をやっているそうな.....

 『ドラムスクール”自由なドラム”』 http://freebattering.pcoach.jp




 そんな牙を抜かれた曽我さんや、いつ音楽生活から脚を洗うか分らない柿澤さん達を尻目に、三人の中で1番精力的に音楽を楽しんでいるのが名嘉真さんで、活動休止後あちこちでゲストボーカルを努めたりコンピレーションアルバムに参加するなどしており、2010年から細々と始めていた”ぱいなっぷるくらぶ”なるバンドも今年から本格的に活動を開始しています。


 『青柳拓次の新ソロプロジェクト「Takuji」が本格始動、東京初ライブ&東北ツアー』


 『ランバージャック・シャツの夜 ~マラノーチェに捧げる言葉と音~』

 『森ガールの次はダムガール!空前のダム乱立時代を音で表現』

 『シルキーボイス女性シンガー7組による名曲カバー集』


 『伊藤志宏が豪華ヴォーカリストを迎えて録音した初のソロ名義作』

 『fhánaが作る新しい世界線のアルバム『New World Line』リリース』



 『risette 常盤ゆうの別ユニット「ぱいなっぷるくらぶ」が2ヶ月連続ライヴ&会場限定シングル「BANANA」「wo ai ni」を2枚同時リリース!』

 




 活動全てを把握し切れない量が出て来る出て来るw

 ”ぱいなっぷるくらぶ”の音源は、まだDLやメディアで買うことが簡単に出来ないようですが、少し聴いただけでも興味が湧く方向性ですし、名嘉真さんの磨きが掛かった声をもっともっと感じたいので早く手元に音源が欲しいところです♪(【゚ー゚】)♪



 彼等の曲を聴いたことの無い人からすると、”トルネード竜巻”という意味の被ったバンド名の時点で、なんじゃそりゃと思う所だろうし、大きな天災があいつぐ今の世の中じゃ不謹慎だと言われかねない。バンド名に由来らしい由来は無いらしいですが、音楽業界に凄まじい「旋風」を巻き起こしたいと心の中で考えていた結果、自然と産まれた名前に違いない。少なくとも、僕の心には深々と彼等が通り過ぎた痕が残されました。

 

 



 まだプロフィールに「活動休止中の」と書かれているうちは、復活する見込みがあると信じて良いのでしょうか?曽我淳一さん。名嘉真さん.....

 ♪伝えたいことがいっぱいで、でも言えることは少なくて〜

 
 ただただ、2人の波が織りなす新世界がまた見たいと思う今日この頃です。





 『軽いセッションが「本気」になるまで -バンド「トルネード竜巻」とSFC-(1)』※2005年のインタビュー記事

 公式HP http://www.tornadotatsumaki.com 

 曽我淳一Twitter https://twitter.com/Soga_Junichi

 柿澤龍介Twitter https://twitter.com/uchuuyarou

 ぱいなっぷるくらぶ公式Twitter https://twitter.com/pineclublove web拍手 by FC2
posted by lain at 22:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 音楽 あのアーティストは今... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする