愛Phoneで何が悪い?

日本時間でいう所の昨日早朝、新しいiPhoneが発表された。通常のナンバリングであるiPhone8と、iPhone発売10周年モデルのiPhone Xだ。





iPhoneが発売されたのは2007年。その頃僕は何をしていただろう?今と変わらず仕事仕事の毎日だったと思うけれど、まだ新鮮に感じる世界も周りに沢山あった頃でもあったかもしれない。

あの頃僕はケータイを持っていなかった。友達は少ないし、会社や家族と急ぎの連絡など取りたくもなかったから全く必要性を感じていなかった。しかし、それらに反し膨れ上がっていたのが、当時急速に広まりつつあったネットを利用したサービスの数々を出先でも利用したいという欲求だった。今日中に注文しておきたい物を思いついたり、いついつから開始のネット予約をしたくとも家に帰ってPCを起動した頃には終わっている...なんていう事態が度々起こっていたのである。だから元々気になっていたiPod touchに電話機能が付いて発売されると聴いた時は「これだ!」と飛び上がる思いだった。今までケータイを持ったことがないと話した時のSoftBankの店員さんの興味深そうな顔が忘れられない。

それからというもの、iPhoneは実に良い相棒であった。ジョブズ亡き後の低迷は残念ではあるものの、他に良いスマホがあると聞こうともiPhoneがよほど狂ってしまわない限り使い続けるだろう。




こういうAppleの発表会があると、お決まりの反応が飛び交う。

「高い」「他端末の二番煎じ」「Androidの方が売れている」

何故そこまで目の敵にするのか理解に苦しむような反応も少なくない。とは言え実際その通りだと思う面も確かにある。価格は他に比べ割高だし、Appleだけの個性とは言えない機能を大々的にアピールされても、既存の端末を直に知っていれば冷ややかな反応しか出来ないだろう。だが「Androidの方が売れている」というディスり方は明らかに公平ではない。日本での販売台数ではiPhoneが主流だと言いたいのではない、iOSを積んだスマホがiPhoneだけに対し、Android端末は2015年調べでも世界で2万種類を超えるというのに、Androidの方が売れていないなんて状況になること自体が可笑しいと言いたいのである。

二番煎じと言われるような機能追加に関しても、例えば見た目も中身もイケメンだけど走るのは苦手だった男性が、自己ベストで走りきったことを周囲が褒めている時に、皆の後ろで「俺は去年もっと速く走った」と口にすることになんの意味があるのか?周囲の人はその子の頑張りを褒めているのであって、去年速く走った子と比べているのではない。同じように、それぞれのペースを軽んじ一部の機能だけを取り上げトータルのパッケージの出来不出来を論じないのは、やはり公平とは言い難いだろう。

他をよく知らないまま新しいiPhoneを持て囃す人達も困りものだが、何がなんでもiPhoneを貶めようとするAndroid勢はもっと困ったものである。まるで確かな野党を名乗るどこぞの政党のようだ。そんな暇があったら大袈裟にPRするAppleやメディアを批判すべきだろうとも思う。




僕は、近しい人にはiPhoneはを勧めない。自由な端末ではないし、やれることも限られているからだ。独り荒野に置き去りにされるような感覚で知識が必要にはなるけれど、メーカーや端末の種類も豊富で選択肢が多いAndroidの方がお客のニーズに応えられるとさえ思っている。自由度は低いが使い易いiPhoneか?自由度は高いが癖があるAndroidか?一長一短はどちらにもある。好きな方を好きなように使えば良いのである。

ついでに言えばAppleには、また昔のように好きな人だけが好きなように応援する会社に戻ってもらいたいくらいに思っているけれど、今の経営陣の手堅いやり口ならしばらく安泰なんだろう。

さっさと落ちぶれてしまった方が、他所の連中の妬み込みの声など聞かずに済むのになぁと考えてしまうくらいには、iPhoneとAppleを好きになっている自分がいて苦笑いするしかないなと思った.....






ちなみに、2年縛りが終了したばかりの僕は、新しいiPhoneを買わない。切実に車を買い替えなきゃならないのだ........北海道に住む者としてはスマホどころではない📱

音漏れだけは赦してちょーだいとAirPodsが申しております(ぺこり)

二日前にiPhoneが10周年を迎えたからでも無いけれど、昨年末に注文していたAirPods‎が今年届いた。
EA80A7B9-7A94-4666-BA94-13B0229E4A71.jpg



正直なところ、最初は買う気が無かった。なにせこれまでのEarPodsのコードをバッサリ切っただけのようなデザインであったし、物理的なコントロールが出来なくなってしまうことへの不信感が根強かった。少々の小銭と、発売前のざわつきが目に入らなければ、実際見送っていたに違いない。

しかし、こうして手元に来ると、やっぱりApple商品は良いなと思ってしまう。白いパンツにひたすら拘る少々気持ちの悪い男の気持ちに近い感覚かもしれない(分かり難い) それこそ文字通り蓋を開けてみると、あっという間に気に入ってしまう満足感がある。Appleお得意の磁石で、ケースの蓋の開閉やケース自体にイヤホンが吸い寄せられ収まる感覚だけでも気持ち良い。おしゃれさで誤魔化されるちょろいお客である俺は。

8DA17E55-13D9-488F-AE6D-88BFF96093D1.jpg



イヤホン自体のデザインは、やはり少々どうかな?と思うものの、Bluetoothの感度は安定しているし、電池の持ちもそこそこ良い。音質は有線に劣らないどころか良くなっているような気さえする(気のせい)  イヤホンを外すと勝手に音楽の再生がストップする(また着けると続きから再生される)のもなんだか楽しい。フィット感も問題なくコード類が一切ないイヤホンの快適さが十二分に味わえる。ただ、超簡単な接続方法の裏で、本名バレの罠があったりする点はなんだかなーと思った。






後はそう、物理的なコントロールの方法が一つしか無いのは時々不便に感じる。イヤホンをトトンとダブルタップしてSiriを起動する以外の操方法が無いのだ(電話に出る時も同じ)誰も居ないところであれば、Siriとおしゃべりして近未来ごっこに興じるのも楽しいが、周りに人がいるとちょっと気が引けてしまう。

とは言え、これまであまり活用して来なかったSiriを使う理由が一つ出来たと考えれば、悪いことでも無いかもしれない。実際「曲をスキップ」「少しボリュームを下げて」とか、普通に言っても判断してくれたのは楽しかった(スキップと言うだけでも飛びます。もっと簡略した言い方でOK)



生活に劇的な変化を与えてくれるとまではいかないかもしれないけれど、面白いアイテムではあるし、これから先同じような機能性のイヤホン開発が盛んになることでしょう。それだけでもこの商品は出した意味があるのかもしれない。





心配性・神経質・貧乏性、なんとでも言って下さい男のiPhoneカメラレンズ保護術?!

 iPhone6s Plusに変えてから、どうしても飛び出したカメラが気になり、Twitterのフォロワーさんに聞いて(なんともないとおっしゃる方が多い)みたり、レンズの周囲にハメるグッズなんかを調べたりしていましたが、イマイチパッとしないしどうしようかと悩んだ挙句、一応レンズの周囲を自分で適当に盛り上げておくことに決定(心配性)。

 なるべくお金をかけたく無かったので、レンズの周囲に合いそうな物を100均で物色して少し加工すれば使えそうな透明の綴じ穴補修シールをチョイス。背面マイクを塞がないようにシールを加工し、それを丁度良い高さになるまで重ねました。

IMG_8885.jpg
買った時は使うつもりだったコンパスは未だ未開封...

IMG_0055.jpg
このままだと穴が小さいし、余計な部分をカット

IMG_0056.jpg
一枚...

IMG_0057.jpg
また一枚と貼り付けて行くと、クリアのプラ板を貼ったような状態になります。



 ケースは付ける気は無かったのですが、iPhoneの背面はスベスベで落としそうになるので、真っ黒なスキンシールを最後に上から貼り完成。

IMG_0058.jpg
スキンシールを貼ると、初めからこう言う商品だったかのよう。

 
 見た目も悪くないしまあまあといったところ。それよりスキンシールが思ったより地味過ぎた上、アップルのロゴの部分だけ自分でカッティングしたのがあまり上手く行かなかった方が残念でした...


 そのうち違うスキンシールにしよう....|3)