中途半端に去年の秋アニメの話をするおじさん

もう2021年の1月が終わる。ただひたすら冬の寒さと雪に追い立てられ、余裕の無い毎日だった。

そんなザマだから、最早意地とでも云うべきアニメ鑑賞も、正直進んでいない。数年ぶりのシリーズ再開が嬉しかったログホライズンくらいしか見ていないくらいだ。


だから、個々に纏めるほどではないけれど、そこそこ好きだった作品を忘れたくないと云う意味合いも込めて、とりあえず今回は去年の秋アニメを振り返っておこうと思う。「魔王城でおやすみ」「神様になった日」に関しては少し前に書いたので割愛する。


去年の暮れは兎に角続編勢が目立っていた気がする。安定の”ダンまち” ”ゴールデンカムイ” ”魔法科高校の劣等生” "ごちうさ" "炎炎ノ消防隊"等、シリーズへの期待値が高い作品がちゃんとやるべきことをやっていたのだ。監督の交代等で演出面が物足りなかったハイキューのような例もあったものの、前作の犬夜叉を見ていた人が違和感を感じない”半妖の夜叉姫”や、絵柄やシチュエーションが違ってもちゃんとラブライブしてる”ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会”も込みでビックタイトルの健在っぷりが色濃く出ていたと思う。

それとは逆に、隙間を狙った作品の物足りなさがあった。自分も◯◯をやりたい!と、引き込まれるほどの熱を感じなかった”いわかける!” "まえせつ!"は勿論のこと、「いらすとや」の絵で作った”ワケあり版”以上の面白さを届けられなかった”100万の命の上に俺は立っている”のような、行き詰まり感あるゲーム世界ネタをイロモノで突破しようとして失敗した作品も幾つか見られた。熊尽くしなあの作品も大味過ぎて直ぐ飽きが来たし、見ても見なくても人生変わることはない作品で秋は満ちていた。

前記した二作品や続編勢、”呪術廻戦” ”無能なナナ” ”アクダマドライブ” ”体操ザムライ” ”魔女の旅々”などがあればこそ、良作が豊富と云うイメージを残せたのではなかろうか?呪術廻戦はまだ放送中であるし、大人気なのであえて言うこともないが、人類の敵と戦うために集められた能力者の少年少女達を、将来的に人類に仇なす存在として無能力者の少女が殺そうとする”無能なナナ”や、アクダマと呼ばれる犯罪者達が己がルールを突き通し果てていく”アクダマドライブ”のような正しいはずなのに正しくない物事を描く作品に関しては思うものがあったと言っておきたい。序盤とはまるで違う存在感を醸し出していた後者は特にダークホースだった。




ある意味予想通りだったのは「体操ザムライ」。コーチから引退勧告を受けるも、それを覆して最高の体操を披露する中年の生き様と、それをとりまく者達のコミカルさとシリアスが良いバランス感覚だった。もしかすると優等生過ぎてアレだと言う人がいてもおかしくないくらい鉄板と言うか磐石と言うか、言うことなしに楽しませてくれた。

憧れの魔女になった少女が、様々な国を旅する「魔女の旅々」に関しては、少々むらっ気があったように思う。このエピソードは最高だ!と、思うものもあれば、そうでもない物もあったし、キノ◯旅ほどの陰鬱な展開は抑え目にしているため、物足りなさを感じることもあった(過去へ飛ぶ、あのEPはかなり頑張っていた)序盤からかなり気に入ってしまったため、終盤にかけて期待値が跳ね上がり、最終的にキツい物言いになっているのはあるかもしれないけれど....


勝手に期待値を上げてしまった作品としては「禍つヴァールハイト」もそうだった。特別な能力を持つヒーローが何かを成し遂げるわけではなく、大勢に流されながら鬱屈し、自分に出来ることを精一杯やっただけの者達の話で、群像劇としての出来が良かった為、途中まで基本無料ゲームアプリ原作であることを忘れてしまいそうだった。作品の性格上、終盤は外連味が増して残念ではあったけれど、アニメスタッフはよくやったと思う。原作ゲームはアニメ終了から1ヶ月もしないうちに、日本におけるサービスを終了させると発表したわけだしね......



あぁ....これはサービス終了するかもなぁ......






もう冬アニメは追いつけそうにない。ガンガン1話切りに専念する予定だ。

積んでいる海外ドラマも多過ぎて泣きそうなのに、これ以上時間を無駄にするようなアニメを見てる場合ではないだろう.....