勝手に訪れて、勝手に去って征く2020年最後に振り返るのは秋アニメの.....

個人的には”まさか”の8連休だった今季のお正月休みも、年を明ければ残り三日のみ。長い休みだからこその掃除や片付けをやったりしていたのもあるけれど、あっという間の話である。

結局積みアニメも崩しきれないまま2021年を迎えそうなので、せめて秋アニメのOP&ED曲の話だけでもして終わろうと思う俺であった。




新型コロナの影響をモロに受けた春夏のアニメ。その皺寄せは見事に秋アニメに直撃。スライドして来た作品と新規作が混在したため豊富と言えば豊富過ぎるくらいだった。滑り込みで始まった進撃の巨人のファイナルシーズンも含め、非常に満腹感があったのは間違いない。今回はまだ作品そのものの話はしたくないので、またいずれ嬉しい悲鳴は書き記すとして、とりあえずはこの曲最高じゃんと感じた物をあげていきたい。

まず真っ先にあげたいのは「魔王城でおやすみ」のOP&EDだ。作詞も作曲も映像も全て言うこと無しの出来栄え。いつも通りのようで、いつもとはちょっぴり違う”水瀬いのり”のナチュラルな演技が活きたOPだけじゃなく、"ORESAMA"のキュートなEDも最高で、こんなパッケージングを得た原作者は涙流して喜んだことだろうと容易に推察出来る。





来年はORESAMAのライブ行きたいなぁ.....北海道来るかな?.....




そして同じくらいトータルのパッケージングが良かったのが「魔女の旅々」だった。上田麗奈による繊細な歌い出しや、サビの振り幅がとても心地良く、その回の出来事を呼び起こさせるようなEDの力強さとの対比も抜群。意外と主役である本渡楓と上田麗奈の声質が近いため、主演が誰なのか途中まで勘違いしていたのはここだけの話だ。








もうこの2作品で十分お腹いっぱいなのだけど、もう一つあえてあげたいのが「トニカクカワイイ」のOPだろう。俺より若い世代のボカロ好きの方がたまらないのではないかと思うけれど、これはなかなかに癖になる一曲でアニメ自体も地味に良い。童貞脳の男の子と、訳有りの女の子がうっかり出会ってうっかり結婚して惚気まくるだけの作品だが、これがまた実に.....いや、また今度この話はしよう。






他にも好きだったOPED

 ・ダイの大冒険 ED 「mother」マカロニえんぴつ

  ・神様になった日 OP 「君という神話」麻枝 准×やなぎなぎ


 ・100万の命の上に俺は立っている ED 「カルペ・ディエム」Liyuu 


 ・ひぐらしのなく頃に 業 ED 「神様のシンドローム」彩音



 ・ゴールデンカムイ3期 OP 「Grey」FOMARE





映像がスタイリッシュ過ぎる「呪術廻戦」や「体操ザムライ」はあえて云うことも無いし、OPやED以上に作中の挿入歌の方が痺れるラブライブは欄外に追いやった。まだ言い残したことがあるとするなら、歌詞のない曲で割と攻めてるなぁと思った「禍つヴァールハイト」のOPかもしれない。単純に予算の問題なのか、監督の意図した演出だったのかわからないけれど、地味な絵面と「あ」しか聴こえてこない楽曲に、これはこれでアリだと感じたのだ。ある程度技術のあるスタジオとスタッフであれば、正直「こういうの好きなんでしょ?」程度のものは作れてしまうわけで、そこをあえて行かない姿勢が面白かった。ジレンマを抱えつつ足掻く作り手の姿が垣間見える瞬間と云うのは、アニメ好きにとってとても楽しい瞬間ではなかろうか?






最早アニメに欠かせないOP&ED曲。秋アニメと言って良いか微妙だから冒頭で名前を出しただけの進撃の巨人にしても、何語だか分からない”神聖かまってちゃん”の楽曲がずばり視聴者の気分を盛り上げることに一役買っている。まあアニメ作品の主題歌がレコ大を獲る時代なのだ。「たかが」であろうはずがない。

さあ、来年はどんなアニメと楽曲が待ち受けているのだろう?

新型コロナの鬱も吹き飛ぶような出逢いがありますように....