続きが存在しない本と睨めっこする師走「代官山町沖3マイル 1巻」岡井ハルコ/幻冬舎/感想

大人の冬休み1日目、連休を気分良く過ごす為まず掃除洗濯諸々を始めた。面倒なのは面倒なのだけど、普段はやらず仕舞いの漂白で茶渋が落ちたマグカップを眺めているだけで嬉しくなってしまう。日頃からこうしていたら、365日全部がこれくらい気分よく過ごせるのだろうか?まあ、そんな暇があったら苦労しないし、そもそもそのマメさが自分には無い。連休様様である。


普段出来ないと言えば紙媒体の整理もそうだ。あれを引っ張り出す為にこれを引っ張り出すといったことを繰り返し過ぎて、荒れ放題の本棚をなんとかしたいだけでなく物量そのものを減らしたいのである。小説以外はほぼ電子版を買うようになった為、それほど増えてはいないけれど、居住性を圧迫していることに変わり無く、とりあえずは思い入れの少ない積み本からお別れしてくれる有志を募ろうと思っているものの、本当に自分にとってどうでも良い作品なのか読み始めた途端、別れが辛くなってしまうのが困りもの......





世界の殆どが沈んでしまった中、ぽつんと浮かぶ島。そこには神社と妖怪と母娘が暮らしていて、何故かスーパーの配達のお兄さんが定期的に訪れたりする。不気味でありながらも気の良い妖怪と無邪気に過ごす娘を、訳ありな顔で見守る母と云う光景は微笑ましくも歪で切ない。いつか沈むと云う島の謎が見えてくればくるほど終焉に向かう哀愁が増していくのが味わい深い。

IMG_5030.jpeg

IMG_5031.jpeg
IMG_5035.jpeg

100日後になんちゃらと言う漫画が流行っていたが、いつ終わるか分からない作品より、いつか終わることが分かっている作品の方が狡い感動を連れてくるような気がする。本作もSFとダークファンタジーでもって終焉を優しく包む感じがたまらない。現在連載は止まっている(掲載していたデンシバーズが消えた為)けれど、このまま終わるのは本当に惜しい。漫画の新規開拓をしなくなって久しいが、岡井ハルコさんのようにメジャーなようでメジャーじゃない方の作品も漫画界には絶対必要だなと改めて思った。

IMG_5036.jpeg

IMG_5034.jpeg




うーん。この調子で何冊処分出来ると言うのだろう?

無理だな(*ゝω・)v






岡井ハルコTwitter  https://twitter.com/okaiharuko



関連過去記事