銀河の端で頁を捲る俺のクリスマス「銀河英雄伝説列伝1」田中芳樹/石持浅海/太田忠司/小川一水/小前亮/高島雄哉/藤井太洋/東京創元社/感想

就職して以来、親からクリスマスにまつわる何かを貰うことは無くなった。そのうち姪っ子らに自分がクリスマスの何かを買うようになり、姉はそれのお返しのように生活用品をプレゼントしてくれている。なんだかんだ言っても誰かとの関わりの中で生きている自分なのだと思い出すのが12月25日なのだろう。

誰かとの関わり合い、と云うか、大勢の人物に支えられて膨れ上がったと云う意味でいうなら、銀河英雄伝説も相当なものである。物語の重厚さを支えた登場人物達の豊富さもそうであるし、愛すべき主人公の1人であるヤン・ウェンリーの葬儀を実際に行い参加したファン達の熱も未だ冷え切っていないように感じられる。今回発売された公式トリビュート本の仕上がりも素晴らしいの一言。



今現在のSF界を牽引する方々が銀英伝の世界で「もしかしたら」あったかもしれない出来事を綴る本作、もしもラインハルトが釣りをしたら?もしもヤンが女装して演劇に参加したら?と云う正伝に登場する者達が活躍する話から、銀英伝の歴史に埋もれた”居たかも”しれないキャラクターを用いルドルフ時代の始まりを描くものまで兎に角面白い。それぞれ本来なら些細な出来事として消え去るのみのエピソードではあるものの、それをあえて掘り下げる作家さん達の細部の詰め方に銀英伝愛を感じてならなかった。

特に切込隊長の小川一水さんとしんがりを務めた藤井太洋さんには本当に痺れた。藤井さんの作品は今まで短編しか読んだことが無かったけれど、これは是が非でも長編も読ませて頂きたくなった。お金出させて下さい(真顔)




銀英伝好きなら年齢に関係無く手にとって欲しい。そして続編を是非また何処かで読ませてもらいたいものである。

飛浩隆さんの銀英伝とか読んで見たいなぁ.....実現しませんかね?安達裕章さん?