おっさんが愛す、おっさんの中のおっさん「機動警察パトレイバー後藤喜一ぴあ」感想

創作物の多くには人間が登場するわけだが、どうにも加齢のせいか10代よりは20代、20代よりは30代と、すっかり共感する対象の年齢が引き上がったのを痛感させられる日々が続いている。

そんな様であるから、当然"後藤喜一"と云う男への想いも、あの頃とは違う物になってしまった。”こんな人が上司だったら” ではなく、自分が”そんな上司”にならなくてはならない状況にあるのだから......

だらしない部分だけは、見習えているような気がする.......





高度成長期を迎えた日本が舞台の「機動警察パトレイバー」では、従来の重機から一歩進んだレイバーと呼ばれるロボットが土木、建設、その他多くの現場で活用されており、それによりレイバー犯罪を扱う部署が設立されるようになったと云う設定を元に、個性豊かな登場人物達が所狭しと活躍したわけだが、その中でも一際曲者で、誰よりもだらしなく誰よりも頼りになる水虫男が後藤喜一と云う人。

今では伝わらない表現の昼行灯と云う形容詞がぴったりな男でありながら、いざとなるとキレにキレた采配でもって事件を解決に導く策士と云う彼のポジションは本当に狡く、カチッと全て整った遣り手のイケメンなんかは直ぐに飽きてしまうのに、背が曲がり死んだカエルの目をしている後藤さんは、どれだけ一緒に居ても飽きが来なくて大好きだった。


それでもまさか、企画始動から30年以上経過した今になって、後藤喜一オンリーの本が出版されるだなんて思いも寄らなかった。一応の主人公である泉野明の本が出るのはまああるだろうと思ったけれど、ムサイおっさんの情報満載の本が企画として通ることなんて普通ありえない。たとえ架空の存在であっても、それだけ魅力的な人物だと実際に大勢が感じていなければ企画倒れも良いところである。編集者に相当後藤喜一シンパが居るのではないかと勝手に勘ぐってしまう。

だがそんなことはどうでも良いのだ。本当によくやった!読んで心底そう思った。アニメ版、漫画版、小説版、ドラマ版に至るまで余すことなく後藤さんの魅力を抽出しており、アニメ版で後藤喜一を演じた大林隆介さんと、後藤とは切っても切れない間柄である南雲しのぶ役の榊原良子さんのクロストークだの、押井おじさんへのインタビューに至るまで、全部後藤の為に集められた言葉、言葉、言葉で埋め尽くされている(絵もいっぱいあるよ)こんな本はもう二度と出ないことだろう。これだけの物を用意されておきながら、モタモタして買うのを躊躇っているパトレイバーファンが居たら、俺自ら東京湾に叩きこんでやるぞっ!と、榊整備班長も申しておりました(真顔)









俺も誰かにとっての後藤喜一になれていたら良いな....

そんなことをつい考えてしまうほど、彼への憧れは未だ色褪せていない。