夢も希望も大切な誰かが居て初めて輝きだすのかもしれない「TENET/テネット」クリストファー・ノーラン(監督・脚本)/感想

人を縛るものは、この世界に山程ある。法律、家族、恋人、病、自分自身だったりすることもあるだろう。

そしてそれら全てを縛るものが存在する。時間である。









60秒で1分。60分で1時間。24時間で1日。そうして今現在も時間は刻一刻と進み続けている。こんな内容のスカスカなブログを此処まで書くだけでも既に30分を要しているのだ。うっかりしていたら、さっさと身体の細胞が劣化して気付けば棺桶の中だろう。それが人生の醍醐味だなんて、まだ思いたくは無い。

こんな切り口で始めているが、C・ノーランの新作「TENETテネット」は自分の人生をやり直す為にどうこうと云うだけの作品ではない。特殊部隊の隊員である主人公が、時間の逆行を利用した攻撃から世界を救う極秘ミッションを強いられるというもので、正体も分からない未来の人間達が過去に介入して来ているという事実が非常に不気味。しかも大筋はシンプルなのに、スパイ要素や時間の逆行と順行の入り混じる進行のため、自分が今何処で何時の出来事を見せられているのか分からなくなってゆくのが、なんとも言えずノーラン作品だなと思わされた。

そもそも逆行とはなんぞや?それも自分には上手く説明出来ない。ネタバレ云々の前に、ネタのバラし方が分からないのだ。本作なりのタイムパラドックスに対するアプローチをしっかり理解出来ないと、細部まで味わい尽くすことは不可能に違いない。SF考証に関してだけならば、女性客は辟易して帰って行きそうな気さえする。ただ、キャラ見で楽しむことは出来るので、正直腐れ好きにはお勧めしたいところ。何がどう腐れなのかは言いたくないが、もう1人の主役とも言える男の存在は本当に狡いものだった。誰でも惚れるわあんなもん!と、怒りたくなるほど魅力的だったことだけは明記しておきたい。




逆行と順行が交わる瞬間の表現が肝だったテネット。複雑な構造故ピンと来ない人も少なくないに違いないが、人類が引き起こしている環境の激変や国家間の争いから、女性の尊厳に至るまで、広い範囲に響くテーマがあったように思う。ガッチガチの理詰めなのに、未来に淡い希望を残している作りも個人的には好印象だった。人生のうち、2時間30分を費やしても惜しくないくらい楽しめることを保証しよう。

蛇足になるかもしれないが、本作で描いていない部分を掘り下げたスピンオフドラマなどもヤル気があるならやって欲しいものだ。逆行出来る装置を作り上げるまでの出来事であるとか、主人公とあの男の出会いであるとか、今より遥かに人類が希望を持てなくなっている未来の理由なども観てみたい。

どうせ暗い内容になるのが分かっているのに、救い難いものである...









関連過去記事