”鉄は熱いうちに打て”が出来なかった続編の見本「パシフィック・リム: アップライジング」スティーヴン・S・デナイト(監督)/感想

連休が終わりに近づくと鍋の締めは炭水化物でと決めている人みたいに、Netflixを観始めてしまうのだが、別にこれでなくても良かったかな?と少し思ってしまった。






異世界と繋がっている裂け目からやってくる怪獣達を退けるため、二人乗り(3人乗りもある)の馬鹿でかい人型兵器”イェーガー”を作った人類。多大なる犠牲を払いつつも、なんとか怪獣の侵攻を食い止め裂け目を閉じることに成功したと言うのが前作までの話。そして今作はその”犠牲”の一人となった男の忘形見が地球の危機を救う話になっていたわけだが、あれだけ大ヒットした映画の割にテコ入れらしいテコ入れもなく、悪い意味でも良い意味でもB級映画なままで鑑賞後なんとも言えない気分になった。

大抵新規作品が成功した場合、続編で少々金の掛け方が雑になると云うか普通増えるものだと思う。限られた空間を最大限に活かして成功した「SAW」などは2作目で予算が3倍以上膨れ上がったものである。にも関わらずパシフィック・リムは3/4ほどに圧縮し監督も降板。どうも製作会社間の摩擦の結果映画作りが円滑に行かないと云う分かり易いモデルケースになってしまったようである。仕舞いには中国マネーが入り込んで作品内容にも影響が出ており、どこまでがデル・トロ氏の残したネタであるのかも怪しい限り。英雄の息子である主人公が、自分は自分だと頑張る姿は、まるで続編をなんとかものにしようと足掻く監督そのものだったのかもしれない。




続編は1作目を越えられない。それは誰もが知っている不文律だ。ごく稀に出来の良い続編に出逢うこともあるが、”初めて”の感覚を与えてくれるのは当然1作目なのである。記憶をリセットでもしない限り続編には分が悪い勝負だ。とりあえずその部分を考慮するならB級として普通に面白い映画ではあった。絶望的に強い怪獣との戦いだけじゃなく、でかいロボット同士が戦う場面もあるし、パシフィック・リムらしい絶体絶命感もそこそこ出せていた。あの男が凶行に走るストーリー運びも必然に思えた。でも、だからこそ足りなかったのがB級らしい笑いのボリュームだったのではなかろうか?前作は二人の学者のユーモアのお陰でシリアスとのバランスが絶妙で、彼らがMVPだと感じた人も少なくなかったはず。残念ながら今回それに代わる笑いは得られなかった。新しいことをやれていないことは仕方ないにしても、そういったバランス感覚にはもっと気を配って欲しかったと云う気持ちは抑えきれそうに無い。

この内容であればTVシリーズでサイドストーリー扱いでやるなりした方が良かったことだろう。収益的には問題無さそうなので、デル・トロ氏が何らかの形で関わってくれるなら、まだ先を見てみたい気はするものの、これ以上ブランドイメージを下げないで欲しい気もする。

金を出す連中が欲をかかず、すんなり短いスパンで続編を作っていれば、作る側も見る側も熱の入り方がまた違ったのかな?とも考えてしまう2時間となった。