自分は残念ながら燃えない人だった話「プロメア」今石洋之(監督)/中島かずき(脚本)/TRIGGER(制作)/感想

去年の6月頃、ツイッターではプロメアの話題で持ち切りだった。





作画がすげぇ!キャラに萌える!音楽も刺さるぞ!



誰の呟きを見ても絶賛の嵐で、予告しか知らない自分は火消しの何がそんなに熱い話なのだろうか?と思ったものである。高評価の異常な多さは逆に見る気を失うほどであった。

で、1年以上経ってようやくアマプラで見る機会を得て、その評価が相応しい作品なのか自分の目で確かめたわけだが、確かに絶賛されていた部分は本当に素晴らしいことが冒頭で直ぐ実感出来た。ベラボーな躍動感のアクションシーンは日本随一だなと思ったし、それを支える澤野弘之さんの音楽のキレたるや、よくぞここまでブレない作家性を毎回出せるものだと唸ってしまった。キャラにしてもライバル的な登場から共闘する者同士になっていくガロとリオの関係が腐れ心を非常に擽る。そりゃあカプ萌えしてる人が大勢居たわけである。正直女性キャラが邪魔に思えるほどだった。

ただ120分と云う長いようで短い尺の中で手広くキャラを並べるのは愚作に感じた。トリガーらしくどのキャラも個性的であるのに、登場する必然性を感じないキャラも数人いた。見せ場を用意しているならキャラの背景をしっかりやらなきゃストーリーもキャラも活きて来ないのだ。もっと焦点を絞り、野郎同士の譲れない物をぶつけ合う展開だけで良かったのではなかろうか?王道展開であればあるほど、サクッと終わらせて欲しかった。90分に纏めるだけでだいぶ違う映画になっているかもしれない。






あまりにも無我夢中と掛け離れた視聴になってしまい、余計なことを沢山考えてしまった。プロメアが初めてのアニメ映画視聴の人であったり、他のじっくり見せる演出や脚本が秀逸な作品を観たことがない人であれば当然ハマって然るべきだと思うものの、トリガーほどの会社になるとこれくらいのパッケージングでは満足出来ない自分がいる。炎炎ノ消防隊のような人体発火ネタの世界観が合わなかった(炎炎ノの方は暗い話で大好き)のもあるし、良いセリフ言わせようとするのが見え見えの脚本は鼻についた。作画も展開も壮大なことになって行くのに、やっていることはミニマムに感じる中島かずきさんの脚本。BNAの方がよほど良かったような気がしてならない。良い加減”偉い人”が黒幕設定は飽きて来たのもあるなと独り言ちていた。







一度ハマった状況を求めてしまうことは、ままあることではある。でも同じようにやってみても最初の感覚は絶対に訪れないものだ。いつまでもグレンラガン、キルラキルを例に上げて期待されるトリガーは正直可哀想ですらある。プロメアに関してはキャスト選びでの挑戦(実写畑からの選択は集客の面も関係していそうではあるが、意外と良いアクセントになっていた)簡単そうに見えて実は難しい技術を結集した作画の数々で挑戦する姿勢を忘れていないところも感じたが、もう一つや二つ壁を打ち抜いてくれないと満足出来ないほど、彼らは自分でハードルを上げてしまった。近年の仕事を眺めてみるとトリガー縁のスタッフだけでやっている仕事ではない方(ダーリン・イン・ザ・フランキスやSSSS.GRIDMAN)がストーリーを楽しめていた事実は覆せない。

演出論は良いのに、それを纏める方法や作画スタッフが揃わない巨匠監督や、絵を描く技術は凄いのに行き当たりばったりなストーリーしか浮かばない監督も業界には多い。規模の大きい作品を作ると云うのは本当に難しいことなのだ。



でも、完全な物が作れないからこそ、次があるのだから悩ましい話である。