俺の◯◯の日はいつですか?

ゴールデンウィークと云う物が当たり前になったのはいつのことだったか思い出せないが、それと同じくらい子供の日以外なんの祝日なのかが思い出せない。

Wikipedia先生に書かれている内容では、4月29日の昭和の日から子供の日プラス振替休日までの日が一般的なGWらしい。自分は29日を2日に振替てようやくの5連休だが、大手の会社や呑気な人達は有休まで使って1週間以上休んだりしているから羨ましい限りだ。まあ、この間も全く休みなく働いている人よりも確実にマシではあるだろう。


正直そんなことよりも、中年独身男にとって卑屈にならざる得ないのは◯◯の日と云う恩恵をまるで感じないと云う話だ。子供の頃は子供の日があり、鯉のぼりを上げたりなんだかんだで盛り上がる。子を持つようになれば父の日、母の日と死ぬまで祝って貰える。じゃあ独身を選んだ人間の日は無いのか?とは世の中ならないのである。日頃いくら休日出勤しようが、勤労感謝の日ですら休めず、誰かを祝い続けるだけの人生。そりゃ一体どういう嫌がらせなのか?独り身が寂しいのは自分の問題だが、独りでもちゃんとした納税者だ。ならそういった人間を大事にする日が1日だけでもあって良いでは無いか。何処かを探せば独身に優しいマイナーな◯◯の日があるかもしれないけれど....




独身者は非常にコスパが良い。国の手当という手当の厄介になることがほとんどないのだ。だからと云うわけでもあるが、将来どんな大人に育つか分からない子供だけでなく、今を支える人間にも優しい社会が望ましいと思ってしまう。

こんなくだらないことを子供の日に考えた自分に苦笑いする他ないが、それでも俺は父でもなく母でもない大人の日が欲しい。年老いたら我慢するものだなんて知ったことではない。誰も好き好んで大人になったのではないのだ。

最低限先に生まれた責任は持つつもりだが、ただそれだけである。一方的な忍耐など真っ平御免。抑圧された子供がいつか暴発するように、大人だって我慢すればいつか爆発するだけなのだと皆が肝に命じておいた方が良いだろう。





キレるのは子供だけの専売特許ではないのだから。