ふしぎの海のナディアから30年経って思ふ事

ガイナックスと云えばエヴァと答える人がもしかすると多いかもしれないが、個人的には「ふしぎの海のナディア」が最初だったかもしれない。

スクリーンショット 2020-04-13 20.36.48.png

※1話目のみ無料



残念ながら姉達とのチャンネル争いやビデオデッキの取り合いをしながらの視聴だったから、飛び飛びでしか観れなかったものの、それでも十分にインパクトのある作品だった。生まれを知らない褐色の少女とメカオタクの少年が、彼らを取り巻く大人達の事情に巻き込まれながら、楽しいだけではない冒険の日々を過ごして行く様に何度となく心を揺らされた。執拗に少女が身に着ける宝石を狙う秘密結社、宇宙にまで至ることが可能な潜水艦、神話で名高いバベルの塔、ジュール・ヴェルヌの作品を中心に様々な肉付けが行われ、子供向けで此処までやるのか?と云うレベルの生々しさも味わい深かった。今考えると某局でこれをやれたのは凄いことかもしれない。嘘っぱちの試作で本製作の金を勝ち取った王立宇宙軍と同様に、ガイナックスの誰かが上手いことやったのだろうか?



1話を改めて見返してみたが、思い出補正を抜きにしても素晴らしい構成のOPだった。キャラやメカの見せ方がよく分かっている作りと言える。ただ本編の作画は初回から不安定であるし、シリーズ全体の構成は言わずもがなであった。本格的なTVシリーズが初めてだったことを鑑みれば、些細なことかもしれないけれど、良い時と悪い時の振り幅が大き過ぎるため、死ぬまで忘れられそうにない.....

あの頃のギラギラした姿が見る影も無い現在のガイナックス。ナディアから30年経った寂しさより、30年保たなかった情熱の消失の方が寂しくてたまらない。何がここまで狂わせてしまったのだろうか?


ことある毎にガイナックスについて嘆くのは、本当にやめにしたいところである.......