金は稼いでも洗っても失っても虚しさが付き纏う「オザークへようこそ シーズン3」Netflix/感想

ウチは今も昔も普通の貧乏一家。末の娘に甘かったと云う爺さん(物心ついた頃には亡くなっていた)のお陰でそこそこの土地にこじんまりとした一軒家で暮らせているが、貯蓄はほぼ皆無で何か大きな買い物をする際はローンに頼るしかない。借金も財産だと口にする人も居るが、そんなものは無いに越したことはない。自分や家族がいつまでも働き続けられることを前提にして思考出来るほどポジティブな人間ではないのだ。

結局のところ喰われる側に居るだけの話だが、それでも金を腐るほど持ち合わせているような人よりはマシだと思っている。株や為替、土地や物を安く買い高く売りつけ金を手にするようなことはとてもじゃないが好きになれないし、他人の金でお気楽に生活するような人間もマトモには思えない。財テクによる利益も努力の結果だと云う人もいるだろうが、金儲けとは必ず誰かのを奪わない限り増えたりしないわけで、誰もが努力すれば報われる類のものでは決してない。しかも金の場合そのマネーゲームに参加した人間以外に影響が出る場合が多いからタチが悪いのだ....



前置きが長くなったが、要するに「オザークへようこそ」もその”タチの悪さ”が半端ではないと云う話。マネーロンダリングを行なっていた男”マーティ”が、嫁とロンダリング仲間のしくじりのお陰で都会に居られなくなり、田舎で命懸けの資金洗浄を余儀なくされるというのが本作の導入だが、金を洗うことから抜け出せないどころか、家族ぐるみでそれをやり始めるというのが実に救いようがない。政府機関による助け舟が出ても、夫婦の意見が一致しなかったり、カルテルや地元の連中に掻き回されてしまうのも遣る瀬無い。

だが、それもこれも、それぞれがそれぞれの利を元に行動し続けた結果でしかなく、彼らが不幸から逃れられないのではなく、彼らこそが周囲を不幸にしながら生き延びる元凶ですらある。全てを受け入れたつもりでも、節目節目で感情を爆発させる彼らの子供達が不憫でならない。先月配信となったシーズン3でも普通じゃないが普通の人代表のようなポジションの嫁弟が子供達の心を解した後、砕く存在となった。彼は病気で精神的に不安定な人間だったが、言っていることは至極当たり前のことばかりで、悪を日常化してしまったマーティ一家と視聴者に現実を叩きつける良い登場人物だったと思う。政府機関とカルテルの板挟みに遭いながら、苦楽を共にした者達との別れを経て、彼らは一体何処に行き着くと云うのか?にしても、他人事だから楽しめてしまうのも、なかなかに罪なことなのだろう......






自業自得

切って捨てるならこの一言で済む話だ。そもそも資金洗浄などやらなければよかったのだから。マーティほどの男であれば、普通にしているだけで裕福な生活が出来たはずである。ドラマなのだから、そんなことを突っ込んでも仕方ないわけだが、実際にこうした生き方をしている人も確実にいるだろうし、そうでなくとも金で遊ぶことに魅了された人は大勢いる。使うこと以上に増やすことに夢中になることの方が厄介なのかもしれない。

麻薬カルテルと関係を持つことなど、まず無いだろうが、金儲けにはトラブルは付き物だ。だからせめて”やったこと”は”やり返される”かもしれないことだけは肝に命じて勤しんで欲しいものである。なるべく僕に関係の無いところで。







関連過去記事