よく考えたら4社目の電動歯ブラシ

初めて電動歯ブラシを使ったのはいつの事だったろう?確か子供頃に親と薬局へ行った際、サンスターの安価な物をねだって手に入れたのが最初だった気がする。あれは結局、ただブラシが回転するだけだから、磨き残しばかりで歯茎が痛い商品だった。


それで不信感が強くなったのか、次に電動歯ブラシを使うようになったのは三十路前後だった。各社が音波歯ブラシが主流になっていた中、超音波を売りにしていた東レの歯ブラシで、「あの東レ?」と言われてしまうかもしれないがコスパの面でも地味に良い商品だったと今でも思う。


残念ながら東レとの相思相愛の関係は出会って数年で終わってしまい(生産終了)仕方なく三社目に突入。今度は完全なる売れ筋のソニックケアだった。歯ブラシを激しく動かさない超音波モデルからの移行だったから、ソニックケアのパワフルさには本当に驚いたし、よく汚れが落ちた。これでソ◯ータイマー付き(作ってるのソ◯ーじゃないけど2台続けて同時期で壊れた)で無ければ今もソニックケアだったことだろう。


『ソニックケアーからドルツに浮気して三日目の朝がやってきた



で、ようやく辿り着いた気がしたのがPanasonicのドルツだった。今回2台目に突入だが1台目を買ったのが2016年の夏であるからフィリップスに比べ耐久性は抜群だ。今回ランクは少し下げたモデルを買ってみたが、磨きの良さは相変わらずというか、イオン性能が無くなっても横と叩きの動きで逆に磨きが向上しているようですらあった。そもそもイオンに対応したブラシは、イオン発生の箇所から自分の唾液がブラシのジョイント部に流れ込んでしまうのがネックだったので無くしたのは英断ではなかろうか?何年経っても古く感じないデザインも堂に入ってきた感じがする。イオン性能が無くなったお陰かブラシが更に軽くなったのも好感触。ますますドルツが好きになった(お金貰ってません)

7C0E5281-301C-4028-A6C0-4D15B7F362DF.jpg


一度駄目になった歯を直すには金が掛かる。定期的なメンテが必須になるからだ。少々高くても電動歯ブラシを買う方が安く済むかもしれない。

まあ、手磨きのプロや、生活に乱れの無い人、そもそも虫歯菌が少ない人には無用の長物かもしれないけれど.....