日本勢の本気始まりましたっ「MotoGP 2020 カタールGP」感想

日本人だからどうのという応援の仕方はどうなのか?と云う気持ちは有りつつも、やはり日本人ライダーが活躍すると嬉しいものだなと思いながら開幕戦の録画を見ていた。




新型コロナの影響により、まさかの最高峰クラスが中止に追い込まれ、開幕早々不穏な空気の中、Moto3では鈴木竜生がポールをゲット。決勝ではポジションを落とし表彰台からこぼれてしまったが、なら代わりに俺が!と頑張った小椋愛が繰り上げであっても3位に入った。たとえ優勝の可能性が低くても、目の前のバイクを1台でも多く抜こうと云う気持ちがあればこその結果で、自分のことのように嬉しかった。そして、その喜びをより一層大きな物にしてくれたのがMoto2の長島哲太である。

現在最高峰クラスに参戦中の中上と同世代である長島。念願の勝てるチームに移籍して言い訳の出来ない状況で予選14番手。調子は良さそうな顔をしているだけに勿体無いと思ったのも束の間、レースが始まると何度もファステストを刻み毎週のように順位を上げた。彼が先頭集団に追い付いてからの手汗ったらなかった。所詮他人事、しかも録画で観ているにも関わらず、“転ぶな…転ぶな….”と両手を組んで祈り続けていた。


表彰台の一番高い所に立った長島くんは、涙を堪えるのと同時に、今は亡き戦友へ優勝の報告でもしてるみたいで美しかった。全てを出し尽くした人間の姿は本当に見ていて気分が良い。彼の代わりに苦渋を舐めた人間は大勢いるのだろうが、今回ばかりは彼が主役で正しい気がしてならなかった。これだけの走りを開幕以降も是非見たいものである。

ながしま.gif

IMG_2939.jpeg

IMG_2942.jpeg

IMG_2956.jpeg

IMG_2973.jpeg

IMG_2984.jpeg



まだまだコロナによって予定が狂う可能性は高く、最高峰クラスの動向も不安だ。しかしそれ以外のクラスは日本人の年になる予感がし過ぎて逆に怖い。何にせよスペイン人にばかりでかい顔をさせたままではMotoGPも面白くないだろう。異なった環境から出て来た者達が凌ぎ合ってこそのモーターレースだ。それを盛り上げるのが日本人であって悪いわけがない。

いつかHONDAやYAMAHA(SUZUKIでも良いけど(失言))に日本人が乗って年間王者となる日を俺は諦めたりしない。どうせ他人頼みの夢でしかないけれど…….