R15を正しいと感じる自分と、それでは駄目だと云う自分がいる「メイドインアビス -深き魂の黎明-」小島正幸(監督)/キネマシトラス(制作)/感想

今ラーメン屋でこれを書いている。例のウイルスで少ないかと思ったら路駐してまでお客が来ていた。もうかれこれ30年以上通うラーメン屋である。店構えもボロボロだし店主も老けた。それでもこれだけ客が来ると云うのだから大したものだ。


朝一は映画館へ行った。勿論記事タイトル通りメイドインアビスを観る為である。運悪く北海道知事による緊急事態宣言のタイミングにぶつかってしまい、行くに行けない日々が続いて非常に焦ったかった。この様子では映画館も閑古鳥だろうと思っていたが、実際行くと確かに客が少ない。居ないわけではないが半減は確実である。メイドインアビスなどスクリーン1の4DXでありながら四人という体たらく。お陰で観終わった後の憤りも一入だった。もっと大勢に観てもらいたい!そんな気持ちでいっぱいになっていた。



深さ不明の縦穴(アビス)が見つかり、其処から見たこともない遺物が発見されたことで、穴の周囲には自然と街が出来上がったという世界観の本作。なんと言っても降りるのは良いが昇る時に上昇負荷が掛かって呪いをその身に受けると云う設定の有無が大きい。それがあることでただの楽しくて危険な地底探検に留まらず、人間の純然たる好奇心の先にある狂気をありありと描くことに繋がっているのだ。

今回の劇場版でも、それは遺憾無く発揮されていて、アビスで独自の進化を遂げた動物と同じように化け物として君臨する人間が主人公達の前に立ち塞がる。メイドインアビスのもふもふ担当ナナチを酷い目に合わせた張本人でもある人間なのだが、これが本当に恐ろしい。単なる悪なら倒す側も気分爽快なのだが、悪は悪でも自覚の無い悪なうえ、奴(ボンドルド)の語る愛も確かに愛であることに違いないから恐ろしいのだ。レグの言葉を借りれば全くもって度し難い男である。

良くも悪くも深淵に魅せられた者の憧れの行方が我々の嫌悪と涙腺をこれでもかと刺激したことは確かだった。グロテスクでセクシャルで、様々なコンプレックスの”ごった煮”であるのに、これほど胸が締め付けられるのは何故なのか?此処まで子供達の命運を弄んで良いのだろうか?倫理観と云う物が自分にもあったことに気付かされる。ボロボロになっていくレグ、プルシュカの想いに共鳴するリコ、過去の過ちに打ち拉がれるナナチ、彼女らが愛おしくて仕方なかった。重ね重ねボンドルドの正しく間違っている生き様故と言わざるを得ない......

IMG_2865.jpeg
劇場で手渡されたスタッフ本。メインスタッフによるイラストの数々でまた泣いた....



そもそもファンタジーと云うものは古来より自分が考える正しさを行使していれば、自ずと良い結果が付いて来る、わけではないことを残酷に教えてくれる存在だ。そういう意味においてメイドインアビスは紛れもない”それ”である。おかしな性癖に目覚める可能性もあるが、個人的には10歳より下の子供達にこれを見せたい。これだけの物を見て、それでも自分は、と覚悟が出来れば社会と言う深淵でも逞しく生きられるはずだから。

世の中はあまりにも嘘ばかり。夢見れば叶う。努力すれば成れる。そんなまやかしで武装して子供に接し続けて来たから日本はおかしくなってしまったとさえ思う。amazarashiの言葉に突き動かされる若者が多いのも、そんな世界に嫌気が差しているからだろう。ファンタジーは子供を試す物が多いが、それと同時に大人も試されていることを忘れてはならない。臭い物に蓋をするだけなら誰にでも出来るのだ。




新型のウイルスに感染しようがしまいが人間はいつか死ぬ。今回のは逃げずに立ち向かって乗り越えるべき試練と考え、当たり前の予防以上のことはやめてはどうだろう?過剰な自粛を続けることに、なんの意味があるというのか。

メイドインアビスは地方以外は1月から上映されていたから傷は浅いかもしれないが、その他の作品やイベントへの影響がどれだけの規模になるか予測も出来ない。マスクだらけでも良いから、”中止”の2文字だけはやめてもらいたいものだ......









関連過去記事