PS2が二十歳になったと聞いて

連日コロナコロナと、TVでもTwitterでもいい加減ウンザリさせられているけれど、今朝はPS2が20周年と云うニュースを見掛けて気が紛れた。


奇しくも今日は、令和になったお陰で2、3、4が並ぶ日である。初代は12月3日、3は11月11日、4は2月22日、そしてプレステ2は3月4日と、いちいち数字の並びに絡めて発売日を設定するソニーに相応しい偶然だ。


PS2は発売日に買った。と云うか買ってもらった。語弊が無いように説明すると、親に買って貰ったわけではない。当時既に社会人であった僕は、発売日である3月4日の土曜日も当然仕事で休めず、でもどうしてもPS2を諦めきれずに、友人に頼み込んで彼の父親と一緒に某有名おもちゃ店に並んで貰い確保してもらったのである。発売前から本当に注目されていたこともあり、予約していようがいまいが手にするのは一苦労だったのだ(俺なんもしてないけど.....まじ友人の父有り難う.....💕)


PSの頃から任天堂のハードから離れ出していたから、ドリキャスと同じ、いや、現役として使った年月は遥かにPS2は長かった。PS定番の「リッジレーサーⅤ」は当然やったし、フロムの「エヴァーグレイス」は世界観もキャラも大好きでハードカバーの小説も買った。建設用重機で戦う異色過ぎる「ぶちギレ金剛!!」も友達とゲラゲラ笑いながら対戦したし、中学生からやっていたウイニングポストシリーズもアホみたいに遊び倒した。ナムコが作っていなければ「MotoGP」のレースゲームもこれほどメジャーにならなかったことだろう。




初期だけでも沢山の思い出があるPS2。初期ロット後PS2の互換を切ったソニーへの怒りが売り上げに繋がったPS3の姿を思い出すだけでも、PS2の偉大さが良く分かる。基本コアなハード(セガやMSのね...)を推したくなる性分ではあるものの、デザインの面でもシンプルに格好良く、歴代の据え置き機と比べても思い出深いゲーム機として心に残っている。ついでに云えば安価なDVDプレーヤーとしても優秀で、ただ観るだけで良いならこれ以上ないコスパだった。今でこそDVDを再生出来るだけで4万円なんて払えるかよと思うかもしれないが、パイオニア製のDVDプレーヤーが2000年モデルの安い型でPS2と同じ価格であったことを思えば、ついでにゲームが出来るのか、ついでにDVDが見れるのか分からないほど安かったと言える。



PS3で一旦トーンダウンしたPSだが、MSの失策でXboxが暴落したため、日本だけでなく世界的にPS4は売れることになった。


そして今年は最早PS5の年になるという。これが早過ぎると感じるのは、自分が老いただけなのだろうか?.....


なんにせよPS2は本当に良いハードでした。ソニータイマー込みでね