コービーとマクレーがダブって見えた月曜日

WRC
昨日、バスケ好きには辛いニュースが流れていた。ほんの2年前に現役を引退したばかりのコービー・ブライアントがヘリの事故で亡くなったと云うのだ。

自分はまるでNBAに詳しく無いが、彼が無双していた時代、深夜に歯を磨きながら連日観ていた時期があったから少なからずショックだった。病気や寿命で亡くなるのも残念ではあるが、こうした事故で命が損なわれる方が辛い。詳しいことは分からないが、もしコービーがヘリを操縦していて事故を起こしたのならば遣る瀬なさは倍増するだろう。一報を見た時、思わずWRCの元王者コリン・マクレーの事故を思い出してしまった。彼も自分でヘリを操り身内と共に帰らぬ人となった。レースで亡くなるのは亡くなるので辛いものだが、普段の方が断然命懸けなのに思わぬところでというのは勘弁願いたい...


WRCはいつも通り他の最高峰レースに先駆け開幕戦を終えた。主要なドライバーが軒並み移籍した中、移籍しなかった男が順当に勝った。



去年の王者が早々に消えるという衝撃後、TOYOTAが1位2位と進行。これは早速日本人には嬉しい結果が来るのか?と期待は高まったものの、勝負の世界はそう甘く無い。今年限りで引退を決めているオジェは爆発力に欠けていたし、期待以上ではあっても”それ以上”では無かったエバンス。19歳のロヴァンペラは将来性を感じる走りであったし勝田貴元も順当に走り終えたが、若手ベテラン共に車の性能を理解仕切れていないのが伝わってくる内容だった。オフシーズンに膨れ上がった期待が大き過ぎたせいもあるが、なんとなく消化不良の感が否めない。

とは言いつつも、完全にTOYOTA贔屓になっている自分としては、ヒュンダイの代表の顔もあまり好きでは無いし、そのチームにTOYOTAを頂点に導いた男が移籍したことも残念に思っているが、才能があるのに長年苦しんでいるヌービルが勝ったことは嬉しく感じた。派手に吹っ飛んだタナクが無事であったことに心から安堵した。彼らがTOYOTAの前に立ち塞がってこそ、WRCは盛り上がるはずなのだ。ついでにMスポーツも元気であればなおのこと面白くなることだろう。この3チームに絡んで欲しかったシトロエンが正式に撤退してしまったのは寂しい限りだが、ドライバー単位でなら楽しみに事欠かない。



毎戦何かしらの事故が起きるWRC。皆無事に一年を過ごして欲しいと願いながらも、クラッシュすれすれの走りを期待してしまうのは我々ファンの罪と言えるだろう。「どうせ死ぬならレース中に....」そんなふうにすら考えてしまう。

年老いて身動き一つ取れなくなり、誰の顔も見分けられなくなっても生かされているくらいならば、全力で生きている時にあっさり逝ってしまえた方が幸せなのではないだろうか?



死にたくは無いが、死んだように生きていたくもない。

それだけは確かだ。