ラノベ美少女好き少女の明日はどっちだ?「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」感想

成人の日だった月曜日、出不精の自分には珍しく人の誘い、と云うか、頼みを聞いて出掛けていた。

何の事はない、姪っ子がリゼロの映画を観に行きたいが独りで行く事は許されないし、本人も不安だし、付いて来てくれる大人が欲しいが親は全くリゼロに興味ないから、「どうせ暇」な俺に白羽の矢が立っただけの話である。






今の日本なら驚くことでは無いと、スルーした人も居るかもしれないが、冗談抜きで”姪っ子”がリゼロを観たいと言うのだ。しかも作品の根幹に関わる”死に戻り”と主人公の♂にはまるで興味が無く、可愛い女の子達に夢中。これは一昔前なら考えられない事態である。それとなく同じ趣味の同性はクラスに居るのか聞いてみたことがあるけれど、ラノベ作品に興味がある女子は皆無だと云っていたから、今も変わらず珍しいケースなのかもしれない。

姪が明らかな百合脳なのかどうなのか、それは分からない。ただ普段から可愛い女の子が好きで、本作の終始惚気ばかりの展開も堪能出来るくらいにはエミリアたんが大好きなのは間違いないだろう。確かにエミリアの孤独やパックの決意、そして二人の絆と愛らしさはよく出ている映画ではあったが、おじさんの自分は正直尺が長かったように感じられた。死に戻りがあってこそヒロインの輝きが増すように思えてならないのだ。ハーレム物で男がしょぼければ、こんな男を好きなのかとなってしまう所だが、リゼロには奴が必要だなと思い知らされた。パックとのやり取りは微笑ましくて好きではあるけれど、そればかりでは後半になると間延びしてエミリアが何度も同じことを確認しだすから鬱陶しく感じるところもあった。この辺りのくどい表現はTVシリーズでもあったので、これは完全に監督の癖なのだろう。








姪っ子は贔屓目に見て可愛い。だから趣味の方向性も含め世に言うオタサーの姫になれる子かもしれない。だが俺の目の黒いうちは、絶対そうはさせたくない。かと言って趣味の話を出来る同年代があまり居ないのも不憫だ。

なんだかすっかりパックの気持ちが理解出来てしまうお年頃になったものである....






関連過去記事