年の瀬に思い耽るは未熟ゆえに出逢った「フォーチュン・クエスト」の日々

その昔僕は、文字ばかりの本が好きでは無かった。堅苦しく並ぶ文字を眺めていると窮屈で、しかも漢字が不得意だったから(今も書くのは苦手)物語に没入出来ず、スタートラインにも立っていない状況だった。

それが変わって来たのは小学校も高学年になってからだろうか?ありがちに挿絵が多めの伝記物を好きになり、学園探偵物のような定番にも手を出して徐々に活字への苦手なイメージは和らいでいった。そして図書室で借りるような本ではなく、初めて自分で買った小説が「フォーチュン・クエスト」だった。

IMG_2551.jpeg



まだラノベという呼び方が世の中に定着していなかった時代、僕にとってのラノベとはスニーカー文庫と富士見ファンタジア文庫のことで、ロードス島戦記、風の大陸、無責任艦長タイラー、スレイヤーズ、そのどれもが”あの時代”を生きた者が素通り出来ない作品だった。同様にフォーチュン・クエストも然りである。確かな血筋を持つわけでもなく、魔王を討伐するような目標があるわけでもない、普通より少し頼りない連中が些細な冒険の日々を自分たちなりに精一杯やっていく姿に癒され励まされ、自分も一緒になって冒険しているような気分になれる良い作品だったのだ。当時何が面白いと感じたかと言えば、兎に角冒頭の人物紹介から面白かった。主役である詩人兼マッパーのパステルの語り口調で全編書かれているのだが、紹介文でも『私の素敵な仲間達を見て!』と言わんばかりの書き込みで既に笑えてくる。これを考えていた時の深沢美潮さんの楽しそうな顔が浮かぶというものだ。イラストを担当する迎夏生さんのコミカルで優しい色使いも相まって世界観もイメージし易くファンタジー入門としても相応しかったと思われる。世界観の話で云うと、レベルが上がり難い設定なのも新鮮だった。ファミコンのドラクエであれば、あっという間に達するレベル5すら、フォーチュン・クエストの世界ではパーティー総出でお祝いするほどの出来事なのである。一つ一つ、地道に積み重ねて行く感じが、更に親近感へと結びついていたのだ(TRPGに馴染みのある人ならば、それくらい当たり前の感覚なのかもしれないけれど)

IMG_2547.jpeg
竹アーマーの作り方から
IMG_2549.jpeg
細かなステータスまで。ルーミィは本当に可愛いw 




そんなフォーチュン・クエストが本当の本当に完結するらしいと聞いた。”新”が付くようになってから読んでいない身としては、ようやくなのだなと思った。丸々30年を超えるシリーズ展開である。ラノベもとうとうここまで続く時代になったのだ。番外編を除き、発売予定の最終巻で39冊。これは名だたる作品に並ぶ巻数になる。書きたいだけで続けられるレベルではない。作者の労苦は言わずもがなだが、これまでずっと読み続けて来た読者達の熱意に対しても尊敬の念を禁じ得ない。いずれしっかりと腰を据えて1巻から読み直したいものである。






何処に行くにも持ち歩いていたフォーチュン・クエスト。病気がちだった小学生の僕は、一人で病院へ行き待合席で必ず読んでいた。一度目の前に座った女の子が同じようにフォーチュン・クエストを読んでいるのを見かけた時は、嬉しいやら恥ずかしいやらで、なんとも言えない気分になった。あの頃漫画でも小説でも表紙を外して読む癖があったため、相手には気づかれなかったものの、誰かとパステル達の冒険について語り合えていあたなら、もっと違う読書体験になっていたかもしれない。

自分が好きだからこれ以上の物は無いだなんて云うつもりは毛頭ない。ただ、皆にとってのフォーチュン・クエストが存在したら良いなとは思う。活字は怖く無い。しんどいものばかりではない。読めば読むほど読みたくなる友達なのだ。付き合い方一つで必ず自分の為になることだろう。まるで読めなかった人間が言うのだから間違いない。




深沢美潮先生、30年もの間、本当にお疲れ様でした。楽しいばかりで終われないこともあったでしょう。

貴女のお陰で本を人並みに読める人間になれました。本当にありがとうございます

IMG_2550.jpeg