これは紛れもなく十二国記だった「十二国記 白銀の墟 玄の月」小野不由美(著)/新潮社/感想

私が十二国記に出会ったのは高校生の頃。所謂学校でやらされる”勉強”がまるで好きでは無かった私は、当然高校も都合の良いところは選べず、バスと汽車を乗り継いで遠くの学校へ通う羽目になったが、そのお陰で街中に出来たばかりの大型書店に寄り道し放題であった。あの時代は一般向けの電子書籍など皆無であったし、本当に多くの人達が書店に群がっていたものである。

腐れ脳が順調に育ち始めていた当時、ハマっていたのは江ノ本瞳さんの「三色董的少年達(シシー・ボーイズ)」と、分厚い愛蔵版が出たばかりだった那州雪絵さんの「ここはグリーン・ウッド」。自分で言うのもあれだが、20年以上前の日本では希少価値の男子高校生であったのは間違いない。ぶっちゃけ自分がこんなで無かったら、講談社のX文庫ホワイトハートに手を出すことは無かったと思われる。

だいぶ記憶が曖昧なため、山田章博さんを先に好きになって気になり十二国記に手を出したのか、十二国記を先に気に入り山田章博さんを好きになったのか思い出せないものの、男でありながらホワイトハートを手に取りレジへ持ち込む気分は、エロ本を買う以上にドキドキした記憶だけは確かだ。試しに月の影影の海の上下巻を買い半信半疑で読み出したら、まるでホワイトハート作品とは思えない世界観の重厚さと心理描写にハマり、小遣いを貰うたび続きをレジへ持ち込んだものだった。



あれから25年近く経つ。本を読むペースも落ち、漫画ですら手に取らなくなってきた。映画館に行ったのはいつのことだったか?そんなふうに創作物を咀嚼する力が落ちているのを体感してばかりだった所に投下された十二国記の新刊。しかも救われそうでなかなか救われない国である”戴”の物語がようやく動き出したのだから本当に嬉しかった。数年前に全て読み直していたにも関わらず、メインのキャラ以外誰が誰やら分からなくなっていたり、少々世界観の説明場面で間延びしていることや、同じ意味合いのセリフを連投するなどしていることが時折気になった以外は夢中で読めた。やっとまとまりかかった国を乱す簒奪者の凶行により王の行方が分からなくなった者達が、国の現状を目の当たりにしつつ各々が自分に出来ることをやり、沢山の希望と絶望を繰り返す様はなんとも言えず、残酷な天(作者)の威光で簒奪者ですら哀れに感じてしまう内容の数々に、これは確かに十二国記だなと感じられた。

もしもこれで十二国記が完結と言われても、個人的には受け入れてしまうかもしれない。それくらいの幕引きだった。大勢が決した後に興味がある人達は駆け足で端折られたと感じていたりもするようだが、最後に普通の人達の姿で締めるのは美しかったと思う。李斎達の物語は幡が集うシーンが最高潮だったのだから.....





これで終わりになっても、そう書きはしたが、勿論まだまだ十二国記の世界を見たい。まだ一切描かれていない”舜”国だけでもなんとかお願いします。この通りです小野不由美さんo┐ペコリ 

欲を言えば十二国記のアニメをまたやって欲しいのもある。N◯K版でも良いが、新規で山田章博さんの絵そのものでやるようなシリーズを今回の戴の物語までやってくれたなら、もう人生に悔いはないくらいの喜びでもって迎え入れたい。





にしても、4冊ほぼ同時刊行などされたら、次はいつになるのか怖くて仕方ないなぁ........







関連過去記事