ゴ○ゴも良いけど、ゲラルトはもっと汚れでハードボイルドで良いぞ「ウィッチャー」Netflix/海外ドラマ/感想

年末の仕事、最後の1週間初日、今月の頭に入社していた新人が辞めた。一月保たないスピード退社である。誰かが辞める時というのは、意外と予兆があったりするものだが、あまりにも早過ぎて誰にも予測出来ない結末だった。

流石に電話やメールだけで終わらせる人間では無かったようで、社員が出払っている間に会社で社長と辞める理由等を話していたらしいが、自分は技術的に付いていけないと切り出しつつも、既に次の職場は決まっているという話していたそうで、どうもその職場の受け入れ態勢が整うまでの場繋ぎでウチに入ったというのが実際の所のように感じられた。真意など我々には分からないから憶測でしかないが、様々な物品を彼のために揃え資格取得の準備までしている最中の一報であったし、落胆の2文字以外彼にプレゼント出来る物は無いだろう。メリークリスマス


人の気持ちは分からない。出逢ったばかりの人間だけでなく、親しい相手でさえも真意までは推し量れないものだ。こんな時、ウィッチャーであるゲラルトの冷徹な洞察力があったならと思う。相手の言葉運びや様子から瞬時に真偽を見抜く彼ほど人事担当に相応しい人は居ないはずだ。







スラブ神話を元にした剣と魔法の世界。原作は小説だが、多くの人はゲームでその存在を認知したことだろう。僕もその一人だ。しかも自分は初ウィッチャーが3作目な上、完全に途中で積んでいる始末。この作品のドラマ版について語るだけの知識がそれ程無い状態と言える。しかし、あの世界観とゲラルトの格好の良さをほんの少しでも知っているだけでも、これは普通に面白いと思える作品に仕上がっており、見た目も演技も格好の良い役者が見事な殺陣を披露し、感情は無いと言いつつも自らの選択の重みに苦悩する様は、まさにウィッチャーでしかなかった。

予算の関係上、主要人物以外のキャスティングは怪しいものの、化け物との戦いも及第点であるし、魔法を戦闘で使う時の違和感もほぼ無い。馬のローチにしか心を開かないところや、女子供に弱いところもゲラルトらしくて面白い。それに、やはり外国人設定のキャラを外国人が演じるとより自然に感じられて良い物である。「テルマエ・ロマエ」の阿部寛のような特例もあるが、「進撃の巨人」の実写版のように日本人がぞろぞろ外国人設定のキャラを演じるのは違和感以外の何物でもない。これだけ作り込まれていて文句を言うなど、贅沢にもほどがあることだろう。




これはちょっと、ゲーム版を再開したくなる出来だった。剣と魔法のファンタジーは沢山あるけれど、蔑まれるほどの際どい力の持ち主が善悪の天秤を揺らし戦い続けるお話はなかなか無い。まったくもって選ぶという行為の重みが存分に味わえる良い作品である。

会社を次々と渡り歩くゲームなんかがあっても面白いかもしれない。実務をこなしつつ社の良し悪しを測って引導を渡し、いつどのタイミングで辞めると口にするか、そしてその方法まで選べて評価対象になるとかね。





誰か安月給で外仕事が苦じゃ無い奇特な人入らないかなぁ.......

歓迎会じゃなくなった忘年会なんて俺出たく無いよ.....(。_゜)