寒い冬にはヒーローの血潮が特効薬「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~二人の英雄~」長崎健司(監督)/ボンズ(制作)/感想

年末。それは本当に人々から余裕を奪う。受験勉強が追い込みの子供達や、連休前の残務処理や仕事の前倒しに追われる社会人の元へ、否応なしに訪れる冬で心身は削られる一方だ。自分などたまの休みすら何をするでもなく、ゲームに疲れてうっかり居眠り風邪の一歩手前である。

そんな日に持ってこいなのは暖かい食べ物?それとも飲み物?いや違う。温めるなら心から熱するべきだろう。そんな気分で見出した劇場版だったが、望み通りの効果を得て、今は身も心もホクホクだ。





皆が何かしらの”個性”(身体を強化したり、炎を操ったりする超能力のこと)を持って生まれるのが当たり前になった世界で、個性を持たない主人公がナンバーワンヒーローから力を受け継ぎ、強大な悪を倒す存在になって行くという王道路線が兎に角熱いヒロアカ。しかし、その真髄は勧善懲悪に非ず、正義が生み出す悪の有り様にあると思う。現代社会が抱える問題を体現した生々しい者達が、悪という姿で正義の前に立ち塞がり、それをそれと知って尚且つ戦い強く在らねばならないからこそ、ヒーローの輝きが増して見えるのではないだろうか。

そうは言っても、普通に純然たる悪として描かれるだけの者達も多い。そこに一片でも正しさがあると前に進まないことがあるし、何よりヒーロー物らしい爽快さが損なわれるからだろう。劇場版もかなり分かり易い構造で、小難しいことは置いておいてヒーローのピンチと、それを跳ね除ける逆境への強さが普通に楽しめる娯楽作品に仕上がっていた。それはそれでヒロアカの面白さとして気持ち良いわけだが、様々な悪と向き合って成長したの出久達を知っていると、少々物足りないというか、かつての若かりし自分を見るような懐かしさを感じるというか、去年公開された作品とは思えないほど遥か昔の出来事に思い感慨に耽っている自分が居た。少し寂しい気もするが、もう彼らには無邪気な正義は相応しく無いのかもしれない。





まあ何にせよ、最近よく見かけるTV版の続きは劇場版で〜という地続きの映画ではなく、単品として楽しめるようになっているのは好印象。既に子公開中の”最凶”と歌われる敵が登場する劇場版2作目も概ね好評のようで何よりだ。無闇に色気を売りにするアニメではなく、こういった作品が日本製として世界に見てもらえる事が僕は嬉しい。いやほら、劇場版の眼鏡っこの胸や尻も好きだよ、好きだけれど、それがメインじゃ駄目じゃないか........可愛いよねメリッサ.........ボソ

メリッサ.gif






兎に角、オールマイト愛を拗らせた人には耳が痛い話でしたo┐ペコリ