秋に終わったアニメを今更振り返る②

さて前回本命のアニメの話をしてしまったので、ここからは消化試合になるのですが(ならない)期待通りの作品と、期待以上の作品と、それぞれ普通に楽しんでしまいいつもより切ることが出来なかったというのが正直なところ。また流行りを使った作品かよ思っていた「ナカノヒトゲノム」はじわじわ愛おしいものになったし、序章である0話の仕上がりの段階で面白さは確信していた「ロード・エルメロイII世の事件簿-魔眼蒐集列車 Grace note-」など予測を軽く飛び越える仕上がりに夢中だった。そろそろ本当の意味での”不作”を逆に待望してしまいそうである。

掴み所の無いふわふわした感覚の後に、じっとりと残る生臭さがあるのが癖になる



相変わらずアニメの本数が多いため、質に関しても怪しいものは多かった。あえてどの作品と名指しするのも面倒なほどだが、タイトルを文字数で並べた時TOP3に入っていた「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」もヒロインの少女やマスコットキャラを可愛らしく描くのが精一杯といった感じで、周囲の大人のディティールは言わずもがなだった。ただぶっちゃけ”うちの娘”など頑張っていた方だろう。「異世界チ◯ト魔術師」に比べれば...うちの娘と同じく「コップクラフト」も台所事情は苦しそうだったが、割り切った作画によるアクションシーンは意外とよく出来ていたし、キャラの作画は動きが少なくても安定していた。異世界との交流をしているからこそ起きる事件の数々は普通に観てて面白く、魅力的なバディ共々このままフェードアウトさせるのが惜しく感じられた。結局は作り手のアイデア次第で決まる。作画以上に内容が怪しい「魔◯様、リトライ!」などと比べるだけ野暮である。夏アニメは正直異世界物の出来は大荒れだったのではないだろうか?二回攻撃のお母さんなど見るに堪えなかった.....

そもそもの価値観が違う存在が混じり合った時の混沌具合が好き



低予算(でもないか)でもしっかり作り込んでいたと言えば、「ソウナンですか?」や「ダンベル何キロ持てる?」だったかもしれない。ソウナンですか?は実際の生活に役立ちそうで役立たないサバイバル知識をタブーギリギリまで盛り込んだ点が素晴らしかったし、ダンベルアニメも今すぐ実践出来そうな筋トレ方法を楽しくレクチャーしてくれるものだから、柄にもなく真似している自分がいた。まあ三日坊主で終わったけれど(真顔) どちらも美少女を上手く利用した隙間アニメとして上手く機能していたと言える。他にもいつもの”まんがタイムきらら”枠、変態ばかりに愛される少年の憂鬱ものだったり、人体改造を受けて戦争の英雄になるも後で忌むべき存在として社会的に抹殺されそうになる者達の物語まで、大作とまで行かなくともついつい見てしまうものが本当に多かった。頭が魚のサラリーマンが自慢のネガティブ思考で笑いを誘う「ビジネスフィッシュ」も期待以上に笑えて仕方なかった。

シュールなサラリーマンネタがなんともいえない伏兵だった





どの作品を忘れないように書いておこうか考えているうちに、また疲れてきた.....

まだまだ残しておきたい作品があるから次回に続く......