(´-`).。oO何故録り何故観たのか?暇なのか?

昨夜、今夜は何を観ながら飯を食べようか?とレコーダーの中をチェックしていたら、予約した覚えもない全日本少年少女空手道選手権大会が録画されていたのを発見し、気紛れで2時間分全て観てしまった.....

※この動画は2016年のもの


全国の小学1〜6年生男女全ての決勝の模様を解説入りで放送するという番組だったのだが、お偉方が激励のお言葉とやらを発するところから始まった時は本当にウンザリした。主役が誰か分かっていない連中の配慮ほど馬鹿馬鹿しいものはない。しかし、そんな気分も直ぐに吹き飛んだ。自分より遥かに若い子供達が、指先から髪の先まで全神経を集中させ型を演舞する姿に度胆を抜れたのだ。威嚇するような大きな声、キレのある身のこなし、どれをとっても凄まじい迫力で、少々滑稽に見えるポージングはあっても随所に痺れる動きがあってゾクリとさせられるほど様になっていた。画面越しでも鍛錬の賜物であることがよく分かる。型にも様々な流派があって人気の有る無しも存在することすら知らない自分のようなだらしないボディのおじさんが同じ動きをしたら、まず間違いなく身体が壊れることだろう(白目)


実戦である組手の部も放送されていたが、どの子供達も流石全日本の大会に出てくるだけあって良い突き・蹴り・フットワークを見せていて、中でもガタイの小さい子がリーチも背も有利な子を翻弄していた6年生男子の決勝は見応えがあった。皆一様にオリンピックに出たいとか、空手の選手として成功したいような勝利者コメントをしていたが、本当にいつかここで活躍した子供がメダルを手にする日が来るのかもしれない。まあその頃には選手の名前どころか、この番組を見たことすら覚えていないかもしれないけれど.....






たまにはこんな夜も悪く無いなと思えたからそれで良いのかもしれない。