つい欲が出てしまうほどの未完の大器っぷりが愛おしい「FLAT -Hall Live 2018-」女王蜂/BD/感想

楽曲だけでなく性別もボーダーレスの女王蜂。中心人物であるアヴちゃんは、もしかしなくともコンプレックスの塊で何かと拗らせていたりするようだけど、あそこまで批判を恐れず自分達の音楽をやっていれば、周囲の人間が彼に抱くコンプレックスの方が遥かに大きいのではないかと思ったりもする。

IMG_1687.jpg





以前も此処で書いたかもしれないが、女王蜂を知ったのはDAOKOとのコラボ曲「金星 Feat.DAOKO」で、”この人はいつもこんなに裏声や低音でダミ声を出したりしているのだろうか?”と興味が湧いてアルバムを適当に聴いてみたのが最初で、何処か良い意味での古臭さがあるのに、全く新しいものを聴いたような気分になったものである。こちらが彼らの音楽にハマりそうになる度、そうはさせじとぶち壊し始めるような振り幅に弄ばれ、どんどんそれがクセになっていくから女王蜂は怖い(褒め言葉)

本当なら是が非でも生で彼らを見たい、聴きたいところなのだけど、なにぶん女性や若い層に人気のあるバンドに思えるし、歌詞には陰鬱なものがあっても楽曲それ自体はノリの良いものが多いから、他のお客のノリに当てられそうで腰が引けてしまう。仕方なく円盤でライブを見てはみたものの、羽の付いた扇子がバブリィな時代状態で振られている光景など自分の方向性と真逆過ぎてかなりしんどいものがあった。自分にとっては距離感をはかるのが難しいバンドの一つになるやもしれない。




とりあえずそれはそれとして、ライブBDを見た率直な感想を言うならば、まだまだライブ演出には改善点が多いなと思った。素人風情なので何処がどうとは言い難いが、結局アヴ ちゃん頼みでステージが動いているような所が気になったかもしれない。確かにアヴ ちゃんはスタイルも目力も素晴らしく、内から込み上げる物を全身で表現する凄みのあるボーカリストだが、女王蜂の魅力は絶対にそれだけのものではないはず。メンバーそれぞれが程良いライバル意識で作り上げてこそバンドの醍醐味が味わえるというものだと思う。偉そうですまんo┐ペコリ 

それにしても思っていた以上にアヴちゃんはオネェだった。もう少し性別を行ったり来たりするような人物を想定していたのだ。衣装にしても男にも女にも思える存在を目指すのであればスカート姿ばかりでは物足りない(ツアーにもよるようだ)。個人的には和装、着物の着崩しなんかが女王蜂にはフィットしそうな気がしてならない。というか是非ライブでそれを見たい。楽曲的にも和のイメージが湧く物が多いし、それらをピックアップしたツアー等を企画しても良いのではないだろうか?

IMG_1699.jpeg
これはちょっと違うかなw




まあなんにせよ、まだ発展途上のバンドである。まだまだ先の楽しみというものがあって大いに結構じゃないか。いずれ勇気が満タンになったら生アヴちゃんに逢いに行こうと思う。

だからそれまでちゃんと歌い続けていてもらいたいものである。

IMG_1696.jpeg







関連過去記事