家族を繋ぐのに必要なのは...「万引き家族」是枝裕和(監督)/感想

僕の親ほどの世代は、子供が何かやらかすと「アンタは橋の下で拾って来た」だから云うことを聞けない子は自分の子では無いから元の場所に置いて来るよと子供の脆弱さに付け込んだ言葉を本気とも冗談とも取れない感じで利用していたものだが、今の親も似たような手法で子供に云うことを聞かせていたりするのだろうか?




親の死亡届を出さず年金を不正受給していた事件をモチーフに作られたというこの映画、下町のボロ家にぎゅーぎゅー詰めで暮らす柴田家の絆を描いたものになっていたわけだが、兎にも角にも問題児だらけで、こんな家で生活したくないなぁとまず思った。旦那を余所の女に取られた老女は死んだ旦那がかけていた年金を受け続け、その子である息子は日雇い労働すらマトモにこなさず子供に万引きをさせたり労災を目当てにしたり車上荒らしすら辞さない勢いのクズで、その妻は妻で勤め先であるクリーニング店で衣服に残されていた客の物を盗んでいたりするのだ。そりゃ子供だってマトモに育つわけもなく、妻の妹は自分の身体を見世物にして小銭を手にし、息子は学校にも行かず万引き三昧。普通に考えて誰がこんな環境で生活したいと思うだろうか?

でも、何故だろう。この金も根気も無い一家には愛だけはあるような気になってしまい、嫌いになれないどころか愛おしさばかり募ってしまったのである。冒頭彼らは”ゆり”という少女を成り行き上保護することになるのだが、あーだこーだ言いながらも少女を実の娘のように可愛がる様子は微笑ましいの一言だった。これで万引きさえ子供にやらせなければ.....それが観客の総意だったに違いない。不完全だからこそ愛を試され、葛藤に意味が生まれる。そんな物語だったかもしれない。







最初の話に戻るが、いっそ血が繋がっていない方が、余所の人の血だから仕方ないと割り切って共同生活を送っていけるだろう。なまじ血が繋がっていると他人じゃないのに何故分からないのか?という心理に陥り、自分の想いを押し付けてしまいそうになってしまう。柴田一家の子供の無垢さに甘えた生活には問題ばかりだったが、普通に暮らしているはずの我々が見失いそうになっている物を思い出させてくれたような気はした。物語は一家の全てを暴いて終わるが、何かと考えさせられる良い映画だ。

ちなみに、演技の必要すら無くなっていた樹木希林さん、相変わらずのダメ男っぷりが似合うリリー・フランキーさん、他にも駄菓子屋のオヤジ役柄本明さんなど、人生経験豊富な役者達が皆良い味を出していたが、MVPは安藤サクラさんで33歳とは思えない円熟っぷりである。心底彼女の優しさが子供達の中に残り続けて欲しいと思ってしまうほどの名演だ。


血の繋がりに頼るのは弱さ。身内など1番身近な他人であると考えるくらいが丁度良い。そんなことを改めて思う時間になった。