お洒落なんて知らないおじさんの買う靴の話

普段からお洒落に疎いというか、センスが無いというか、お金をかけても維持するのが面倒だったりして安い服を10年20年着ていたりするのだけど、何故か靴だけはたまに買ってしまう。

8152DF1B-C0E1-41E4-96AB-8434D30B16B8.jpg
雨は防げそうにないが、土踏まずの辺りがしっかりしていてフィット感抜群の履き心地が好印象。強度については並だろうか?

AD74EDAD-F1FD-44F6-8CE8-48C9F14110A6.jpg
靴底のデザインがお気に入り




“たまに”と言っても人それぞれだから、あくまでも僕個人の感覚ではあるけれど、ピンポイントで身に付ける物で贅沢をする傾向はあるようで、時計だけ何万もする物を着けていたこともあった。偏ったブランド志向があるのかもしれないが、良い物を長く使いたいという気持ちも強いと思っている。

今回買った靴の会社メレルとも長い付き合いだ。10年ほど前にDUBLIN HEMPというモックシューズに一目惚れしたのが最初で、それ以来メレル以外の靴は履いていない。徐々に材質や作りが安っぽくなり、デザインが好みとズレ始めているものの、なんだかんだで買ってしまう。初恋に未練タラタラの惨めな男と大して変わらない。

メレルは海外の会社なのでサイズが若干小さく出来ており、日本で販売している際のcm表示はあてにならないため、今回もワンサイズ上のをネットで注文した。実際に履いてみるのが1番なのだが、靴屋さんなど殆ど行ったことがないので探すのが面倒で仕方ない。出不精は益々悪化の一途を辿っているようだ.....





仕事以外で滅多に外を出歩かない男が靴に金をかけるというのは滑稽な話である。

でもほら、足裏には大事なツボがいっぱいあるって言うしさ.....履き心地は大事だよね........👟







関連過去記事