あなたがゲームに望むマッチング方法とは?

近頃「3on3 FreeStyle」なるバスケのゲームを始めたのだけど、チュートリアルな序盤を経て、ある程度ゲームの内容が分かってくる頃になると如実に課金・無課金の差を肌で感じるようになってきている。通常のキャラレベル、カードによる付加要素、そしてスキルをいかに育てたかによってほぼ8割がた勝負が決まってしまい、無課金ではそれらを強化するとなると、気が遠くなるどころではないほど試合をこなさなければならず、ほぼ1年遅れで遊び始めた自分は、毎戦毎戦勝ち目のない勝負を強いられ、何もさせてもらえなかったりその場限りの仲間の回線切断で終了というのを繰り返している...


能力差によって出来ることが増える仕様であるから、キャラの動きのぎこちなさやラグのことは目を瞑るにしても、何故プレイヤーレベルや課金の量によってマッチングが行われないのか?に今回頭に来ている。どれほど良い動きをしても、それぞれの数値(リバウンド、スティール、シュートなどの成功率や、それを阻害する値の話)が高い者が絶対的に有利に働く(相手よりもボールに近い位置でリバウンドしようとしても、リバウンド範囲が強化された選手に負ける)のだから、それらを元に同じくらいの性能の選手を保有する者同士でマッチングさせるのが当たり前ではないのか?


こういったマルチプレイにおけるマッチングの問題は、かなり昔から言われていることなのだが、まるで改善されている感じがしない。回線の状態やプレイヤー数の関係でそういった痒い所に手が届いたようなマッチングが実現出来ないというのが実際の話なのかもしれないが、こんなバランスで遊ばせていたら、それこそお客は減る一方なのではないかと思ってしまう。無料ゲームが飽和状態の現代、国際的にも対戦が有利になるような課金をやめようという流れも始まっているし、基本無料の在り方を見直す時が来ているのではないか?


その昔、CoD BOにハマっていた頃大好きだった対戦モードがBarebonesの”Pure”だった。CoDシリーズでお馴染みのパークやキルストリークが存在しないモードだから、隠れて連続キルを狙う鬱陶しい連中もおらず、皆同じ条件の中戦う公平性が実に気持ち良かった。他のモードでは全然キルが取れず負け放題だったのに、Pureだけはよくキルをとって勝てたから楽しかったものである。プレイヤー数の心配がいらないタイトルらしいユーザーの好みに合わせたマッチング方法だった。ソロキャンペーンモードではなくマルチ対戦がメインのゲームが当たり前に発売される時代、ゲーム会社に優先して欲しいのは誰と誰を一緒に遊ばせるかだろう。


加齢で身体的なスペックが落ちて来た自分としては、年齢ごとにマッチングするようなモードがあっても良いなと最近頓に思う.....