直感を疑いググった瞬間負けているのは、そこの貴方だ「The Art of INEI コンセプトアート」感想

”ジャケ買い”で泣き笑いした経験が、誰にでもあるのでは無いだろうか?特にビニールで包まれた漫画や、聴くまで分からないCD。ゲームだってパッケージだけは面白そうに見えたりして、ついつい買ってしまったものではなかろうか?

なんでもスマホで調べられる時代だから、お試し程度に読んだり聴いたり出来る為そういった事故も少ないかもしれないが、おじさん(30〜40代以上)達はちょくちょくやらかしていたものである。エ◯漫画の表紙詐欺には何度痛い目に遭わされたかしれない....


でも、そうやって中身が分からないまま、見た目と直感だけで選んだものが頗る面白かったりすると、本当に気持ちが良かったものだった。そうやって出逢ったものの方が、案外年老いても忘れられなかったりするのである。そういう意味において、天冥の標などは、かなりジャケ買い勢を喜ばせた作品だったのではないかと思う。

IMG_0916.jpeg
IMG_0914.jpeg
IMG_0915.jpeg




天冥の標のカバーイラストを担当しているのは株式会社INEI(陰翳・インエイ)で、その中心人物が富安健一郎という人らしいのだが、実に丁寧かつ深みのある仕事っぷりで、何時間でも1枚の作品を眺めていられそうなくらい情報量が半端では無い。3DCGの上から描くこともあれば、実写を使って絵を仕上げていく場合もあるそうで、実際には存在しないものも多数手掛けているし、生半可な技術でなんとかなる仕事ではない。

IMG_0912.jpeg
IMG_0913.jpeg

IMG_0910.jpeg


IMG_0909.jpeg
IMG_0911.jpeg
かなり細かく仕事の進め方が書かれていて興味深かった



これらは所謂コンセプトアートと呼ばれるもの。確かにこれだけの絵があれば、我々が世界観を膨らませる助けには十分すぎると言えるだろう。天冥の標の小川一水さんだって、こんなイラストを見せつけられたら、下手な文章を書けるはずがない。受け手だけでなく、作り手のことも大いに刺激するINEIは罪な集団だ....





暫く本棚で埃をかぶっていたINEIのアートブックのページを久々に捲ったが、これまた受け手と作り手の両者にとって得になる構成だよなぁと改めて思った。ただイラストが並ぶアート本も良いが、絵を描く前後の仕事がどれだけ大事か教えてくれるハウツー本的な要素があるアート本も良いじゃ無いか。

天野喜孝や末弥純のように人をメインで描く人達ではなく、建物や機械や自然の絵をメインで描く集団の名前が目立つのは絶対良い話。監督や脚本家やキャラデザばかり注目されるアニメだって、美術や背景が無ければ成立しない場合が非常に多い。ベースを支えるのに必要な人たちの素晴らしい働きは、ちゃんと評価されるべきなのだ。



これからもINEIさんの仕事は密かにジャケ買いを促進させることだろう。しかしながら、それは大変幸せなジャケ買いになること請け合いである。

気になったらじゃんじゃん買ってしまうが吉。失敗もまた糧になるのだから。決まった成功はつまらない。インスピレーションを疑ってググったら負けくらいの方が刺激的だと思わない?










INEIホームページ http://ineistudio.com