久々にF1が見たくなった....『フォーミュラ1: 栄光のグランプリ』Netflix/感想

いつもと違う環境になり、やれることが限られてくると、普段なら素通りしてしまうことに目が行くもので、ここ数年まるで観ていないくせに、何故かF1のドキュメンタリー番組を眺めていた。




メルセデスとハミルトンが強いことに変わりは無かったが、見た目に分かるマシンのカラーリングやドライバーラインナップの変更や、チームの力関係も大幅に動いていて、今のF1を知るにの相応しい番組に感じた。

昨シーズンのF1を取り上げたドキュメンタリーなわけだが、端から見ても激動のシーズンに思えた。レッドブルは長年連れ添ったルノーに愛想を尽かし、10年間中堅で頑張っていたフォース・インディアはシーズン半ばで破綻。出口の見えない不調を抱えたマクラーレンに至っては、象徴的な男フェルナンド・アロンソがとうとうF1マシンを降りた。大勢の人を使い、長年F1を撮り続けていなければ、こんな場面に出くわせないだろうという生の言葉と表情でもって、これらの出来事に触れてゆくから、ひりつくような緊張感があってF1レースを実際に観るより遥かに手に汗を握る映像になっていた。



様々な裏事情を知った今、正直今期のF1を観てみたくなった。レッドブルを飛び出した男や、フェラーリに大抜擢された若者がどうなってしまうのかが気になって仕方ない。90年代のマールボロカラーを知っていると、オレンジ色なんてダサく感じるマクラーレンや最下位争いしか出来なくなったウィリアムズのことも放っておけない。若干割高な有料チャンネルでしかF1を見れなくなったのが本当に残念だ。地上波は兎も角、フジテレビONEでの放送が打ち切られたのは痛手だった。

このモヤモヤする気持ち、どうしたものだろう.......