煽り運転は嫌いになっても、公道レースは嫌いにならないでっ

WRC
盛んに煽り運転が注視される今の時代、公道を使ったレースの肩身というのはどうなっているのだろう?

有名な「湾岸ミッドナイト」や「頭文字D」などに感化され、実際に公道で暴走行為をする人間がどれほどいるのか、よく分からないのと同じように、普段から公道レースを公的なルールの枠内で行っている人が、一般道を走る際ちゃんと制限速度を守っているかどうかだって一般人には分からないはずだ。当然冷ややかに見ている人もいることだろう。



日本における公道レースは、基本的に歓迎されていないように思う。自治体によっては公道の封鎖も許可されてレースを行っている場合もあるようだが、暫定的に道路を封鎖してデモンストレーションを行ったり、私有地を利用してのレースの方が多い印象がある。お陰で日本でのWRC開催は見送られてばかりだ。

車というのは一般人が手を出せる乗り物としても敷居が低いため、凶器と狂気と狂喜が入り混じる最たる存在かもしれない。でも馬鹿と鋏は使いようというではないか。結局は使う者次第なのである。どんなに配慮しようと、イレギュラーは起きるもの。あれほど安全に気を使っているF1だって死亡事故は根絶出来ていない。しっかり封鎖処置を行ってのレースであれば、見る側もやる側も好き者同士なのだから、好きにやらせてくれても良いのではなかろうか?

まあ、おそらくは安全より金銭的な責任を恐れて及び腰なのでしょう。去年ようやく地上波でWRCの番組が始まったかと思えば、あっという間に終了してしまうくらい、日本におけるラリーの認知度は低いのだし。せっかくトヨタが活躍しているというのに.....





自分は命とお金に余裕があったなら、是が非でもラリーをやっていたと思う。変わり続ける路面とマシンの状態を感じ取りながら大自然を疾走するのは、どれだけ気持ち良くて怖いのだろう?TVゲームだけの体験では絶対に分からない感覚に違いない。命懸けの煽り運転なんてしてる暇があったら、ラリーでもやった方がよほど有意義なのではないだろうか?煽る相手がいないから(WRCは基本的に1台づつタイムアタックするレース)健全に走れるだろうしね🚗💨