ヒトに押し付けられた本の方が、ページをめくる手が軽い時もある「銀河郵便は“愛”を運ぶ」大原まり子(著)/徳間書店/感想

普段読む本は、基本的には自分で選んだもの(書店員さんのディスプレイ方法や、ネットショップのオススメに乗せられている場合も自分で選んでいると仮定して)を読む人間なのだけど、これでも”お節介”で本を提供してくれる知人が居たりするから、僕のような社会不適合者でも孤独に焼き尽くされずに済んでいるのかもしれないなとか、面倒なことを考えてしまうくらい、意外と面白い作家さんを教えて貰ったような気がする。


※元の表紙は天野喜孝氏
1E7BB4CB-77AB-4DE5-9CA1-32419B7629B1.jpg


一言に愛と言っても、それぞれであるだろうし、恋人が居た試しがないDTには非常に重い話題ではあるが、本作の届け物は”それ”自体が愛であることもあれば、運ぶ者の愛でもあったりで、腹筋が割れているような男なのに情緒不安定な主人公が、仕事で銀河中に郵便を届けるという基本スタイルをちょいちょい逸脱し、至極個人的な届け物に明け暮れる辺りのバリエーションの豊富さがなかなか魅力的だった。ただ手紙を届けたつもりが時空を歪めて多次元の宗教に影響してしまったり、他者を避けて生きている詩人の生き方にファン代表みたいな顔して愛を押し付け干渉したり、誰もが関わるのを嫌がる星の種族の子供を命懸けで返しに行ったり....兎に角飽きそうにない仕事っぷりが羨ましく思えてくる。

しかも彼の相棒達が、これまた曲者ばかりでとても良い。元セクサロイドで、紆余曲折を経て人権を勝ち取ったアンドロイドの相棒は、性別をころころ変えることが出来るうえ直ぐ男の格好で主人公に愛していると迫り、彼らを銀河中に運んでくれる船のAIは嫉妬深く自制心に欠け何をやらかすか分からない。主人公を含め、とても女性作家らしい発想で生まれた性格の持ち主ばかりで正直序盤は疲れすら感じた。

特に序盤から腐れが全開なのにも辟易していたので、先を読んで行けるか本当に不安だったものの、徐々に相棒(アンドロイド)との距離感とSFな世界観のバランスがほど良くなり、作者の”好き”の鼻息の荒さと若さゆえの勢いが楽しめるようになっていった。




所詮不勉強なSF好きなので、大原まり子さんが星雲賞を獲るような女性であることすら知らなかったわけだが、2001年以降新作が出ていない方の名前を知らないことぐらいは許して欲しい気もする。本書はまだ5冊目の作品ということで、詰めの甘さもあるでしょうし、代表作である「ハイブリッド・チャイルド」も読んでみようと思った。

たまには押し売り本も良いものである。

おかげさまで天冥の標の完結編が進まない.....