ブルジョアリマスターと匠なインディーズで過ごしたお正月。

三が日も終わり、容赦無い仕事の日々が戻って参りました。

どうも、全くもって明けていない気分で”めでたくない”私ですo┐ペコリ




そうは言っても、6日間も休めば少しは何か出来るもので、珍しく複数のゲームをクリアしていた。





長年連れ添って来た愛車に、いよいよガタが来て、こいつはとうとう買い換えなければならないと、生まれて初めて貯金と言うものを1年以上やっているお陰で、去年は新規ソフトでクリアした物は一切無かったように思う。唯一記憶にあるのは、終盤で積んだままになっていたHalo Warsくらいなもの。

CoD MWは、勿論リマスター前のものも沢山遊んでいたので、新規と言って良いのかどうか微妙ではあるものの、自分にスポーティなFPSの面白さとシビアさを教えてくれた作品を、数年ぶりに改めて遊ぶ時間は割と新鮮で、普通に楽しく最後までプレイしていた。リマスターによる画質の向上に歓喜の声が上がる反面、ゲームバランスの調整に眉を顰めた人も少なからずいたようですが、個人的には全然アリでした。ちなみに、当初の(現在MWのリマスター版は単独販売されている)同梱元であったCall of Duty: Infinite Warfareは未だに買っていません







MWで気を良くした私は、リアフレとDead by Daylightデビュー(今更)した挙句、Tacomaもサクッと遊びきりました。連絡が途絶えた宇宙ステーションへ調査に赴くというシチュエーションで、ステーション内に残された映像ログを回収しつつ、事の真相に近付いていくものでしたが、閉鎖空間に独りという状態が心細いわりに、化け物が出てくるわけでも、死人が出るわけでもなく、ちょっぴり不安を煽りながら淡々と収束させていく所に形容し難い魅力を感じました。

画質にお金をかけられない時は、演出でそれを逆手に取るという、CoD MWのリマスターとは真逆なソフトだったかもしれない。プレイ時間はとても短いが、こういう手法の映画を愉しんだのだと受け取れば、お釣りが出るくらい良い作品だった。過剰なローカライズを初めは野暮だと感じた(オブジェクトや壁に書かれた英語の上に和訳が被さる感じで表示されるのを過剰に感じた。どうやら設定で、その辺りの表示非表示は弄れるようである)けれど、ローカライズしてくれたことへの感謝の方が上回っています。

少々の誤訳など、こちらが歩み寄って解釈すれば済む話。Xboxをメインのハードと考えているユーザーとしては、これからも日本の会社を介さいでのローカライズが広まってくれれば嬉しい限り。







年末のセール直前に買ってしまったソウルキャリバー6も楽しく、久々にゲームを堪能している気分。ここ数年オーバーウォッチとWarframeばかり遊んでいたから尚更そう感じるのでしょう(Warframeはすっかりログインしかしなくなった)

車を買い替えるまでは、これからもゲームの購入を我慢しなければならないので、2019年のゲームが財布の紐を緩めたくならないような貧弱なラインナップばかりであったら幸いです(真顔)