2018年、お前はどんなアニメを見たんだ?

年末年始の休み?そんなもん関係ねぇーよっ!という方には申し訳ないが、昨日から6連休に突入させてもらった。

まあいつも通り何をするでもなくダラダラしているだけで、連休だから旅行に行くとかそういう行事はまるで予定に無いので、これまたいつも通りゲームをやったりアニメを見ているだけであっという間に終わってしまうことだろう。

初日の昨日は見忘れていた平野耕太さんの「ドリフターズ」を観ていた。昔は一定の期間を切り取り(西武時代とか、戦国時代とか)そこで活躍した偉人の話をやっていたものだが、今では時空を飛び越えたコラボ物が非常に多く、異種格闘技戦のようで面白い。平野耕太氏の絵を活かした作画もさることながら、ハーレム物での中村くんでは絶対に見れない演技がすこぶる良い。もっと広範囲で放送して欲しかったなぁ.....





さて、今年はどんなアニメが刺さっただろう?

2018年の年明けは「ポプテピピック」に腹パンされ、「ハクメイとミコチ」にその傷を癒され、「恋雨」に幸せをお裾分けして貰い、「DEVILMAN crybaby」に精神を汚染され、「ダーリン・イン・フランキス」なディストピアに放り込まれつつも、「宇宙よりも遠い場所」で良い夢を見れて幸先が良かったように思う。その後は不作と言われる時期はあったものの、ニッチな作品の中から伏兵がどんどん現れ、一年通してアニメを楽しめた。小説や漫画へのアンテナをあえて立てないようにしている今の自分にとって、良い作品を知り得る場所としてアニメは貴重な存在になっている。アニメ化されなければ「ゴールデンカムイ」も「ヒナまつり」も知らないままだったことだろう。

それと、まだオリジナル作品で勝負出来る環境が残っているのは嬉しい限りだ。ドラゴンとの共生を航空自衛隊を使って描く「ひそねとまそたん 」や、色を失った少女が過去にタイムスリップする青春物「色づく世界の明日から」、そして宮野真守のオンステージから意外と良い話に持っていく「ゾンビランドサガ」の自由さまで、原作に囚われない秀作がかなり見れた。上記の「ダリフラ」や「よりもい」も忘れ難い。まさかのニューヨーク・タイムズ紙にまで高評価された「よりもい」を年間で一番良かったアニメにあげる人も多い(俺もそう思う)




要するに....



まだまだアニメ業界いけるやん?


と思ってしまった次第であります......



劇場版の数も50本ペースで推移し、どんどん動くお金も多くなっている。でも、働いている人にちゃんと金が行かなければ、この状況は続かなくなってしまう。実際今期の某アニメなど、作画崩壊にばかり注目され、内容そっちのけで海外の手が無ければ回らない実情が視聴者に焼き付いた。どうせ出来の悪いアニメなど円盤は売れるはずもないし、原作への興味もそれほど喚起されないのだから、最初から作らなければ良いと思うのは、私だけではないはずだ。まだ呑気に日本のアニメいけるやん?とか思えているうちに、関係者はなんとかしてほしいものである。



いずれにせよ、淘汰はされる。ダメなものは消える。ただ、その時消えてはいけないものまで巻き込まれる場合が少なからずあるから怖い.....

好きな物には残ってほしい。消えるにしても気づかれないように消えてほしい。見るだけの人は我が儘なものだ。




とりあえず、来年も良いアニメに出逢えたら嬉しい。

生きるのも悪く無いなと思えてしまうから。