やっとこさ悪役グループセラピー観た「シュガー・ラッシュ」リッチ・ムーア(監督)/ジョン・ラセター/ディズニー/感想

二日連続で19時前に帰宅した。ツルツル路面の冬道で、この時間は驚異的。


お陰で某ローマ人のお風呂馬鹿映画の続編も観れたし、前々から気になってはいた本作もちゃんと観ることが出来た。








ディズニー映画のことを話す時、毎回言うことなのだが僕はディズニーアニメの人間のモデリングが気持ち悪くて好きではない。細い首に乗っかったバランスの悪いデカイ頭が無駄に表情豊かで、美人キャラでもちょくちょくドヤ顔するのも鼻についてしまう。ただ、生身の人間があまり登場しない作品や、無邪気な子供たちがメインの作品だと、そういった誇張も気にならないので、シュガー・ラッシュは普通に楽しめた。


建物を壊す悪役を30年もやらされてきたゲームキャラのラルフが、悪役を辞めたい一心でヒーローの証であるメダルを他のアーケードゲームに潜り込みゲットするも、お菓子だらけのレースゲーム”シュガー・ラッシュ”に迷い込んだ挙げ句、生意気な女の子”ヴァネロペ”に横取りされ、メダルを取り戻すために彼女がレースで勝つ手伝いをさせられることになるのだが、事態は思わぬ方向へ進んで行くという話で、実にディズニーらしい綺麗なシナリオと、ゲームをモチーフにした世界観の丁寧な作り込みが上手いなとまず思った。

あまりにも巧みに感情を誘導されるものだから、観終わった瞬間”子供が欲しい....”と、ちょっぴり考えた。日本も少子化がどうのと騒ぐ暇があったら、シュガーラッシュみたいな作品に国費を注ぎ込んだら良いではなかろうか?お一人様が楽しむアニメばかり作っているからオナニー大国なのでは?

IMG_0133.jpeg
"!"だけの登場でもニヤけてしまう

IMG_0136.jpeg
悪い顔すら可愛くて仕方ないヴァネロペ





もっと現実に存在するゲームのキャラクターが入り乱れる作品(日本人に馴染みのあるゲームキャラは完全に端役)だと思っていたから、ある意味においては肩透かしなのだけど、そのお陰で気が散らずにラルフとヴァネロペの物語を愉しめたような気もする。唯一残念だと思ったのは、せっかく新しいゲームと古いゲームでキャラクターの動きに技術的な差を付けているのに、2Dゲームと3Dゲームの差を明快に表現できていないのは残念だった。ラルフを自分たちのゲームに連れ戻そうとする準主役のフェリックスJr.が近年のゲームキャラであるカルホーン軍曹に一目惚れするシーンで「あなたほどの解像度の高い顔は見たことがありません」と口にするが、フェリックス本人も十分ツルツルお肌で綺麗なものなのだ。ドット絵そのままのキャラが同じセリフを吐いていたなら、もっとこの映画の凄さを熱弁したくなったに違いない。

IMG_0134.jpeg
悪役たちが集まり、夜な夜なグループセラピーをやっているの最高だったが、それよりザンギエフが悪役だと初めて知った......


レトロゲームのキャラは皆一様に動きがカクカクしている

IMG_0135.jpeg
お肌ツヤツヤフェリックス




作中の小道具に書かれた英語を日本向けに日本語差し替える位なのだから、こちらもディズニーに対する要求はおのずと高くなってしまう。

公開になったばかりの続編であるシュガー・ラッシュ:オンラインも同じような手法で作っているのだろうか?

映画館まで独りで観に行くには少々脚が重い作品だが、地上波で放送したなら今度は直ぐに観ようと思った(白目)

IMG_0137.jpeg