ヒトラーをヒトラーたらしめるのは.....「帰ってきたヒトラー(原題: Er ist wieder da)」デヴィット・ヴェント(監督)/ティムール・ヴェルメシュ(原作)/感想

どの国にも、名前を口にすることすら憚られる”存在”というのが歴史上居るものだけど、ドイツのアドルフ・ヒトラーほどの存在となるとなかなか居ないはず。

なにせ、自国民以外の血を嫌悪し、蔑み、身体的に劣るものは自国民でも無用と切り捨て、見事なまでの潔癖さと偏見で血を流し続けた男なのだから。





よく純粋過ぎる者ほど、極端な行動に出ると言うが、ヒトラーもその例に当て嵌まるのだろうか?僕は所詮戦後生まれの日本人である。又聞き以上の不確かな情報でしか彼のことなど知りはしない。せいぜい画家になりたかったが挫折しただの、実はユダヤの血が混ざっていただの、自殺はしておらず生き延びていただの、誰でも知っていそうなゴシップネタばかりである。だから、この映画のヒトラーが本物と似ているのかどうかなど、見た目以外で判断など出来るはずもないのだが、無性に本物のヒトラーを見ているような気になっていったから不思議だった。

自決したはずが現代へタイムスリップしていたヒトラーが、冴えないTVマンと出逢い今のドイツや世界情勢を学び、TVで人気を博すようになっていくコメディなのだが、終盤に近づくと、やはりヒトラーはヒトラーでしかないのだと思い知らされる展開が待っていて、色んなことを考えさせられてしまった。

何が凄いって、役者が脚本通りにやっている部分と、一般市民にアポなしで絡んでいる部分を、大きな違和感無しに繋ぎ合わせている点だ。嘘の中に本当を混ぜる本作の上手さは、まさしくヒトラーが国民に向けて行った弁舌手法そのもので、彼の言葉に乗せられてゆく怖さを追体験しているような気になって背筋がぞくりとした。



”彼の言っていることは正しい”


普通にそう感じる弁舌なのだ。民衆がどんな言葉を待ち望んでいるのか本当によくわかっている。移民に関する問題が世界規模で山積みになっている現代に、実際ヒトラーが蘇ったら、彼を指導者にと仰ぐ者が絶えないことだろう。というか、ヒトラー本人でなくとも、彼のような思想を持った人間がリーダーになる可能性のある国はごまんとあるのではないだろうか?2年前アメリカの大統領になったドナルド・トランプにしても、他国のことより自国が大事と明言し、正規の手順を踏まない外国人などアメリカには絶対いれないと強硬姿勢を崩さないし、本作の生まれた国ドイツも移民問題がなかなか解決せず国民感情は強い指導者の誕生を待望している。

我々の日本だってそうだ。脇の甘い安倍政権に嫌気はさしているが、野党には吐き気を覚えているわけで、いつ何処で何がきっかけとなりとんでもないリーダーを選んでしまうか分かってものではない。少子高齢化、格差社会、差別、雇用環境、そして他人事ではなくなった移民の問題、道を踏み外すネタには事欠かないのだ。





ある意味、ヒトラーという見本が存在するドイツは幸せなのだ。大きな失敗を回避するには、実際に大きな失敗をした人の背中を見るのが一番早いのだから。ただ、過去は未来の肥やしになる、けして風化させてはならない.....それは分かっているけれど、頭で分かった気になるのと、実際に経験して分かるのでは、天と地の差があるわけで、歴史を繰り返さずにいられないのも人間ではある。


太平洋戦争後70年はなんとか戦争の当事者にはならずに済んでいる日本。一体あと何年その記録は伸びてゆくのだろう。

自国優先主義が広がる昨今、戦争以外の手法で相手の心を抉じ開ける青写真が見えないのは僕だけだろうか?......