キラキラ以上にホログラムが欲しい中年にはFGOマンチョコは甘過ぎた

思い切り大人気ないことをした。

まさか40歳になってまでシールのおまけ目当てに箱買い(実質)することになるとは思いもしなかった.....






あと数日で700日連続ログインを達成するほど、いつの間にかどっぷりハマっていた僕が、子供の頃揃えることが出来なかったビックリマンチョコとFGOのコラボを見逃すことなど出来るはずもなく、最初は恥ずかしいから5個くらいずつちびちび買おうと思っていたものの、あちこちのローソンであっという間に品切れとなっていくのを見ているうちに、居ても立っても居られない状態になって、子供がうろちょろしそうにない地区にあるローソンで誰にも買われず陳列されていたFGOマンチョコを買い占めていた。20個ものFGOマンチョコをレジに持って来られた時の店員の動揺っぷりは未だ脳裏に焼き付いている...

で、結局同じローソンで同一の箱から数日に分けて30個買うことになったわけなのだけど、ロッテの素晴らしい封入の仕方のお陰で20種全部が一箱分で揃いました。酷いメーカーになると、箱詰めの段階で偏りが出ることもあるため、30個で20種揃うロッテは非常に良心的と言えるでしょう。その昔ユージンという会社あった(今はタカラトミーアーツに吸収)のだが、そこのガチャは本当に酷かった。ガチャの機械に入れる際の配慮が無かったのかどうか分からないけれど、ガチャのカプセルが目一杯入った機械が空になるくらい回しても、たった6種が揃わないことすらあった。バンダイのガシャポンと比較しても、明らかに偏りが酷く、機動戦艦ナデシコの通常VerとクリスタルVerの両方をコンプするため、何万円もつぎ込んだのは良い思い出である......






なんでもそうかもしれないが、困難なほど集めたくなり、集めてしまうと満足してしまうところがある。しかも今回のように、意外と容易に手に入ると冷めるのも早い。「マンガで分かる!Fate/Grand Order」の”リヨ”氏が手掛けるデフォルメされたFGOキャラ達は本当に可愛くて好きだが、通常のキラ仕様だけでは、往年のビックリマン好きとしては物足りなく、サーヴァントのレアリティによってキラではなくすとか、シークレットはホログラム仕様にするなどして欲しかった。ついでにシールホルダーなんかもグッズ化してくれたら、コレクター魂に火が付くというものだろう。

既にFate/Grand Orderウエハースなるトレカタイプのカード付きの商品が販売されており、それを収納するファイルも発売予定だが、このシリーズはゲーム内の絵をただ使い回しているだけで面白味に欠けるため、FGOマンチョコのようにシールの裏側まで楽しめる商品の方が個人的には楽しいなと感じた。現在サーヴァントだけでも200体を超えるFGO。まだまだFGOマンチョコのネタは盛りだくさんだと言える。

次も大人気なく買い占めるかどうかは分らないが、ネットで誰かが揃えたシールの絵を見て満足するには無理があるほど魅力的なシリーズにして欲しいものだ。






追伸、おじさんにはチョコ3つが限界だった....血糖値やばい.......