iPhone XSの“ここ”に戸惑うおじさんの声

iPhone6s Plusの水没を受けて、初めて”不本意”で買うことになった新型iPhone XSが手元に来てから1週間ほど経った。

正直まだ新しい仕様に戸惑っている。

iPhone XやiPhone8を発売日から使っている人たちは、1年経ってどう感じているのだろう?

IMG_9455.jpeg
久しぶりのツルツル肌触り

IMG_9644.jpeg
若干6s Plusより小さいが、画面表示の大きさはそれほど変わらない



まず最初に思ったのは、この度要らない子とされたLightning端子用のイヤホンが付いて来るものなんだな、というのと、新品の肌触りは最高だということ。赤ちゃんの肌が気持ち良いのと同じで、産まれたてのiPhoneは何処に触れても気持ち良い。ゲームをやるため、直ぐに滑り止めのクリアケースを装備させてしまったが、本当なら裸持ちしたいところだ。

性能に関してはイマイチ実感はない。最近のアップデートで6sレベルでもかなりサクサク動いていたし、ディスプレイの綺麗さも、今時大した伸び代があるわけでもなかった。バッテリーの保ちに関しても噂通りあまりよくない。ただ、カメラに関してはかなり良いと思った。特に夜の撮影が格段に違う。モヤモヤガサガサしたノイズが減り、これなら花火や星空すらそこそこ撮れそうな予感がする。




一番の問題はホームボタンを無くした操作性に慣れる必要があることだ。下からスクロールしようとすると、そのアプリを飛ばしてホーム画面に戻ってしまうことがよく起こる。毎日懲りずに遊んでいるFGOも、このホームボタンの代わりに配されたホームバーの影響で、せっかくの大画面を活かし切れておらず、それほど画面のサイズは変わらないのに、6s Plusよりかなり小さく見えてしまう。利点を活かせるようになれば、また違うかもしれないものの、中年おじさんは1週間程度でホームボタン時代を忘却出来るわけもなく、1年くらいは悩みそうな気がしてならない。

IMG_9643.jpeg
ホームバーがあることで、端まで画面表示出来ておらず、かなり表示が小さく感じた。




業界を先駆ける存在ではなく、他社を追随しているだけの存在になりつつあるiPhoneとApple。トータルの信頼性やバランスは、個人的には非常に良いと思っているので、他社や一部のユーザーに迎合することなく、目から鱗が落ちるような地味な革新をシンプルに届けて欲しいなと願ってやまない。

それでなくとも今のスマホは複雑になり過ぎているわけで、もう一度シンプルさを追求するのも良いのではなかろうか?





次は水没ではなく、本気で欲しいと思った時に買いたいものである。