30年前最新だったゲーム機の名は”メガドライブ”

風邪と風に虐められた月曜日が終わり、ようやく帰宅してツイッターをぼんやり眺めていたら、トレジャーさんがメガドラ30周年の話題をしていて、おお!そうだったかと、埃まみれになりながらメガドラの本体を掘り出していた。





C9906968-D6F1-489A-8D65-6D1689AD3074.jpg

金色の16BITは伊達じゃ無かった。




メガドラの話をするには、スーファミの哀しい話をしなければならない。

小学生の頃、ファミコンを買ってもらえず話題に付いていけなかった僕は、スーファミだけはみんなに置いて行かれないようFF4の発売に合わせて早々に買ったのだが、終盤まで進めた頃、気まぐれで友達に貸そうと学校へ持っていき、あっさり盗まれFF4どころかSFCを遊ぶ気すら無くなって、本体を友達に格安で譲ったことがあった(中学卒業間近になって、FF4を盗んだ奴が別件で捕まり、僕のFF4も2年越しで戻って来た。まだその頃はSFCを買い戻していない)

SFCを手放してからは、MDが友達になった。PCエンジンも当時ソフトの価格破壊が起こっていて、非常に遊び易かったものの、ボリュームの面でもセンスの面でもMDは本当に楽しかった。何処に進んで良いのか分からないうえ、音楽も敵も世界観全部が不気味なのに世代を超えるRPG(ドラクエⅤより先に結婚というものを取り入れた三世代RPGだった)という壮大さに惹かれた「時の継承者 ファンタシースターⅢ」(ジャケットとサブタイがめっちゃカッコよかった)、気持ち悪くシュールでシビアなシューティングの「カース」、のちにSFCのヴァルケンにハマってから知った「重装機兵レイノス」、アーケードからの移植作品も沢山遊んだ「ゴールデンアックス」「アフターバーナーⅡ」「コラムス」「フェリオス」「スーパーモナコGP」、挙げ出したらキリがない(この際ソニックの話は良いだろう)



ハッキリ言ってSFCの何倍もMDのソフトには思い入れがある。特にシャイニング・フォースシリーズは大好きで、真冬になると氷点下になる自室で、布団の中にメガドラの本体を入れて、自分の体温で温めながら遊んでいたのは良い思い出(寒すぎるとメガドラはバグりました。今は部屋暖かいです....)当時は勿論ブラウン管のTVで、しかも誰かが要らないと言った古いものだったから、寒いなか酷使してると年々調子が悪くなって大変だったものです。結露のせいなのか経年劣化なのか、黄色っぽくなってくるんですよねブラウン管て.....もう今の若い人に言っても分からないんだろうなぁ.......

つい思い出に浸ってしまうほど、年月が経ったのだとメガドラが教えてくれるというのは、嬉しいような哀しいような複雑な気分であります。なんとか今でも新しいTVでメガドラ等のレトロゲーを遊べる機器は増えていますし、有名な作品は様々なハードに移植もされていて、本当に良い時代だと思いますが、やはり当時の機械で遊んでこそ中年の腐った脳は生き返るんじゃないかなぁ.......


古いものが良いとはこの際言わない。ただ、古いものを新しいものとして受け取った世代がいた事実だけは認めて欲しいものだなと思うし、逆に僕のような中年は、こんなつまらないもので喜びやがって💢と若い子達に目くじら立てず、俺にもこんな頃があったとメガドラ30周年で思い出してみるのも悪くないのかもしれない.....




何はともあれメガドライブ30歳おめでとう







メガドラ30周年・ドリキャス20周年 ポータルサイト | セガ https://sega.jp/special/hard_anniversary2018/