”信用“を信用出来ない者達へ「ベター・コール・ソウル S4」AMC/感想

AMC
※ネタバレ感想






この世の中で生きていきうえで、もしかすると一番欠かせないものかもしれないのが『信用』という言葉。

どれだけ他人を疑わずにいられない人でも、ある程度他人を当てにするしかないし、他人に自分のことを当てにして貰えないと円滑に物事が進まない場合が多い。



僕は昔からあまり「信用」されない人間だった。

親になんでも後回しにしてしまうことを責められたり、先に悪口を言ってきた同級生を泣かせ先生に「あなたの方が大きいんだから」と、心の大きさを無視して怒られたりしているうちに、信用しない連中を信用しないという結論に達し、売り言葉に買い言葉状態の悪循環を糧にスクスクと今の自分に育っていった。

高校に入ってからは、だいぶ角が取れて周囲が望む者を装っていたものの、就職して会社や社会構造の無駄に散々付き合わされてからは何度となくブチ切れていた(家族に第二の反抗期が来たと言われるくらい)。こちらがいくら信用したくとも信用出来ない連中へ募る”上辺だけ取り繕っていれば満足なんだろう?”という気持ちが、プロ意識と狡い心を日々揺らし続けた。今も正直揺れ続けている。既に心は麻痺しかけているけれど....



弁護士資格を取り戻したいジミー

グスタボ相手にプロの仕事を見せたいマイク

二つの組織の板挟みにあうナチョ


三者三葉の葛藤が面白い本作だが、今回ほど『信用』という言葉を強く感じたシーズンは無かったような気がした。

張り合いのある兄を失い、自分の嘘に乗せられる連中に嫌気がさし、信用させたい相手を欺くことばかりに執着しだして、大事な女性の信用を失っていくジミーは泥沼過ぎて見てられなかった。

悪友とも言えるマイクとの距離にも切ないものがあったが、やっていることは麻薬業でもマイクの雇い主であるグスタボのきっちりした仕事っぷりと比べたらジミーのやっていることは ショボすぎて、そりゃ仕事を断られるだろうと思った。マイクの信用を裏切ってしまった眼鏡の男が処断されるシーンは暫く忘れられそうにない。


ボスを信用しきれず毒を盛ったナチョ。主要なキャラの中でも1番人情に弱そうな男の出番は終盤減っていったが、毒を盛ったことがバレないよう平静を装う姿には掛ける言葉も失ってしまう。向いてなくてもギャングしか居場所がない可哀想な男だ.....





信用すべき相手を信用しなかった者、いつまでも信用してもらえない者、信用してもらう気がない者、そんな『信用』に振り回される者達を見ていたら、つくづく心から人を信じる、信じさせるのは難しいことだなと思った。

信じて貰う必要などないと言い切れる強さがあれば良いのかもしれないが、それすら諸刃の剣に思えてならない。



次が最後のシーズンになるであろうベター・コール・ソウル。視聴者の期待を裏切るような幕引きはないだろう。

絶対の信用が出来るドラマの一つで間違いない。