秋刀魚に乗ってリックがやってくる季節がきた「ウォーキング・デッド シーズン9」FOX/感想

ネット配信で好きな番組を好きな時に見れるようになってきた時代に、僕はスカパーを止められない。


スカパーが始まった当初、兎に角番組数の多さに度肝を抜かれた。様々なジャンルに特化した専門チャンネルが多く、好きなものをどっぷり味わえた上、これまで興味が無かったものに触れるのにも良いサービスだった。既に”スカパーだから”見れるという感覚は無くなってしまったが、MotoGPが見れて、WRCが見れて、ついでにゲームセンターCXと”いいすぽ!”が見れる環境であるだけで、十分加入している価値はある。どうせ他の番組配信サービスに移ったところで、金銭的に安くなるわけでもないし。



毎年秋になると新シーズンが開幕する『ウォーキング・デッド』もスカパーを止めない理由の一つにはなっているかもしれない。ぶっちゃけ今年に入りスカパーで録画した海外ドラマは「HOMELAND」と「ウォーキング・デッド」だけである。Netflixなり、Amazonプライム・ビデオなりで最新エピソードが見れるようになったら、スカパーで海外ドラマを見るなんてことは一切無くなるかもしれない。アホみたいにスカパーで海外ドラマを録画していた時代が、酷く懐かしいものに思えてくる......

よくよく考えればウォーキング・デッドもシーズン1から数えて10年近く経っているわけで、そりゃリックも老けるしジュディスも言葉を喋るようになるはずだと独りで納得していた。ようやく血生臭い人間同士の殺し合いも収束し、やっと人間的な生活を取り戻せるかと思いきや、やはり新シーズンも人間の敵は人間のようで落ち着かない。そもそもゾンビ映画の生みの親であるロメロ監督作品の影響下にある本作は、当然のようにゾンビを人間の化けの皮を剥ぐツールとして利用しているだけで、一番の敵は己の心であることを大事にしている。人が人であろうとすればするほど争いは無くならないというわけなのだ。いっそ皆ゾンビになった方が地球は平和になることだろう。

今回は心の傷の深さに耐えかねたダリルとマギーが荒ぶることになりそうだし、既に退場が決まっているリックがどんな去り方をするのかも分からないから気が気ではない。早速一人ゾンビにやられ、もう一人は人間に始末された。死んで欲しくないけど死なないと不自然な人も数多くいる。もう新鮮さやリアリティなど一切ないが、ここまで来たら最後まで見届けたい気持ちでいっぱいだ。まるで幸せな風景など予測も出来ないけれど.....






(´-`).。oOゾンビの活動限界について、本気で分析してる人とかいそうでいないよね........人間を咀嚼したって臓器腐ってるんだからエネルギーに変換出来ないわけで、本当ならあんなに動けるわけないよね.........