みんなで幸せになれたはずが、なれなかった人がいる映画「カメラを止めるな!」上田慎一郎(監督)/劇団PEACE「GHOST IN THE BOX!」(原案)/感想

久々に、普通の人々と、捻くれた人間が、一緒になって楽しめる映画に出会えた気がした。




普段から、世間一般でウケている映画を観に行ったりはしない。だから、観たい映画が異様にヒットしていると、映画館に行くことが非常に躊躇われる。「君の名は。」の時も、新海誠と安藤雅司さんが絡む映画なんて絶対観たかったのに、周囲が”君の名は。”の話題をしなくなるくらいまで劇場へは行かなかった。

今回の「カメラを止めるな!」に関しては、6月公開で今は10月ということになっているものの、我らが旭川市では、9月の末にようやく上映を開始したばかりということで、実際にはかなりの喰いつき具合で劇場へ脚を運んだと言える。事前に目にしたのはネタバレしないよう「面白かった!」としか言わないような人達の感想と予告映像のみだったから、まさかこんなにファミリー映画だとは思いもしなかった。見た人みんなが幸せになれる作品だったのだ。

派手な役者はいないし、知名度の高いアイドルも出ていない。曲者か無名者しかいない中、これほど成功した映画は近年稀だろう。今更ネタバレをしないように書くのも馬鹿馬鹿しいが、クソ映画のBDを買ってメイキング映像を見たら本編の凄さが分かってしまって最高だった!とか、マジックを種明かし込みで見せてくれるような感覚の面白さが魅力の映画だと言える。伏線回収が三度の飯より好きな人には絶対外せない作品だ。二度目を見たら、また違う楽しみ方が出来てしまうのもたまらないだろう。ぶっちゃけネタバレしててもちゃんと楽しめるような気もするけれど、どうなんでしょう?







本作の元ネタになった舞台を主宰していた人に、原案ではなく原作と表記して欲しいなど、爆発的に人気が出た作品にありがちなケチもついたが、この映画はこの映画で本当に面白かったし、監督である上田慎一郎はことあるごとに元ネタは「GHOST IN THE BOX!」という舞台だと言ってきたわけで、決して舞台そのものの価値を下げるような映画ではないのに、こういうケチのつけ方をすると、自分の価値だけでなく素晴らしい映画の元となった素晴らしい舞台の価値すら下げてしまうのではないかと思ってしまった。

まあ、舞台という箱ではなく、映画で似た手法の作品を作った途端大成功というのでは、舞台で頑張ってきた人は少なからず面白くないのはあるだろう。なら尚更週刊誌に煽られる前にお互いで解決して欲しかったものである。作り手あっての受け手ではなく、受け手あっての作り手でもあるのだから。


良い作品は気持ち良く味わわせてくれよ........