流儀があるだけで”殺し屋”が夢の職業に見える「FARGO/ファーゴ シーズン1」FOX/Netflix/感想

FOX
Twitterのフォロワーの後押しもあって、また一つ海外ドラマを観だした。




前々から評判は知っていたものの、どうも七三分け状態の男が微妙なコートを着ている宣伝ビジュアルが引っかかりスルーしていたファーゴ。これが観だしたら続きが観たくなってたまらない代物だったから強制的にストップをかけた。

スクリーンショット 2018-09-27 6.28.28.png

うだつが上がらないだけで無害そうな男(右の帽子)が、見た目だけは無害そうな男(左のヒゲ)に焚きつけられ人生を狂わされる...というところから始まるのだけど、その焚きつける側の男が兎に角偏屈だけど間違っているようないないような口ぶりで論点をすり替えるのが実に上手い殺し屋で、普段は自分が悪いのだと言い聞かせて我慢しているような人間の野性を呼び覚まし、自制心を奪う様は悪魔そのもの。しかもその悪魔と来たら、最高に優しげな顔も出来るものだからタチが悪い...





アメリカのドラマは犯罪者に堕ちた者を主役にした作品が多く、幼い頃のトラウマにより人を殺さずにいられない警官が主役の「デクスター」や、余命わずかと告げられ少しでも家族に財産を残そうとドラッグ製造に手を染めた男の話「ブレイキング・バッド」など、あの国らしいバイオレンスな内容ばかりだ。しかし、そこで描かれるものは実に泥臭く普遍的なもので、人種や国が違ってもハマらずにいられない。

特にこういった趣向の作品は、日々の生活に押し潰されそうな男の心にはグサリと刺さる。目の前に居る、みっともない姿の犯罪者が、まるで他人に思えないのだ。「シャーロック」のワトソン役で一気に知名度が上がった気がするマーティン・フリーマン演じる腰抜け保険勧誘員の男も、散々身内や昔の苛めっ子に馬鹿にされた挙句の暴挙だったから、”お前が悪い”の一言で片付け切れなかった。そう言ってしまったら、安月給でも地道に頑張ってる自分を否定してしまうのと同じだからだ。

ぶっちゃけ出来るなら好き勝手にルールを押し付け、我が道をゆく殺し屋の男のようになりたいとさえ思った。このドラマを見た大勢が、同じように保険の勧誘マンを通して殺し屋の生き方に憧れを覚えていそうな気がする。



ただの狂人なのか?それともダークヒーロー足りえるのか?ほんの些細な出来心が、取り返しのつかない事態へと進展していく恐ろしいドラマだと思った。





殺し屋は、子供の夢にランクインしているのだろうか?......