アニメ版”銀河鉄道999”40周年おめでたう

今の子供たちにとって、"鉄道アニメ"と言えば「シンカリオン」だが、30代半ばから上のおじさん世代は「銀河鉄道999」に育てられた節がある。




機械の身体をした裕福な連中に母親を剥製にされた少年が、自らも機械の身体を手にするべく銀河超特急999号で銀河へ旅立ち、様々な人間たちの生き方に触れて成長していく物語だったわけだが、40周年を迎えたTVアニメ版を改めて観ると、なかなかにツッコミどころが多く、けして完全無欠な作品とは言い難かった。何せ雪の夜に集音器を使っていたような女性(メーテル)と直ぐ打ち解けてしまうし、地球を出る前に復讐しなきゃ気がすまんと、母親を殺した連中を壊して館に火を放ち、追っ手から逃れるように999へ乗り込むという主人公(鉄郎)だ。あの人懐っこい感じの顔からは想像つかないバイオレンス野郎である。

IMG_8938.jpg
よくよく考えると鉄郎の母親はメーテルとほぼ同じなわけで、そんな美女が何故子持ちの貧乏暮らしを選んだのか....

IMG_8931.jpg
子供ながらに”無期限てすげぇ!”って思ったものだった

IMG_8935.jpg
鉄郎よく見たらサイコパス顔かもしれん....





僕は原作をあまりちゃんと読んでいなかったため、今朝1巻をKindleで買って読むまで、これほど改変されているとは知らなかった。原作では直ぐ剥製にされている母親が、アニメ版では「後で丁寧に皮を剥いで剥製にしてやろう」などと機械伯爵は言っているし、伯爵たちを手にかけた罪で警察にも追われていない。ただ、より自然な流れで考えると、TVアニメ版の方が鉄郎の旅立ちを掘り下げているようには思えた。

何よりアニメ版は声優陣のメリハリが効いた演技が素晴らしく、主役である鉄郎の野沢雅子さんやメーテル役の池田昌子さんだけでなく、あっという間に出番を終える機械伯爵役”柴田秀勝”さんの渋い声が最高に好きだ。車掌としてでなく、モブ役として1話にこっそり出ていた肝付兼太さんの予告も実に染みる。アニメは絵が動くことだけでなく、キャラクターに声が付くのが魅力なのだと、今更のように感心してしまった。

IMG_8926.jpg
いくら永遠に近い命を得られたって、この姿でこの飲みっぷりは虚しいだろ.....




999は基本的に浪花節な展開だから、万人受けする作品ではあるものの、100話を超える話数のため、若い人に見て欲しいとは言い難い。

なんとなく興味があるのならば、”りんたろう”氏が監督を務めた劇場版2作品(銀河鉄道999、さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅)を観ることをお勧めする。特に「さよなら銀河鉄道999」は男の心を鷲掴みにする泣き所満載だ。EDのスタッフロールまで余すところなく泣ける....と思う。


この予告じゃ魅力が伝わらないと思う....



去年一足先に原作は40周年を迎えていた999。きっと100周年を祝う人も居るに違いないと、勝手に断言しておこう。

それまで僕も生きていたいものだ。機械の身体ではなく、生身の身体で.........