たまにはイギリスのドラマも悪くない『THE INNOCENTS/イノセンツ』Netflix/海外ドラマ/感想

ウチの母は自分の思い通りに子供が動かないと直ぐに腹をたてる人で、身体が元気だった頃は結構酷かった。

食事以外の家事全般は当たり前にやらせるし、結構な大きさの納屋を建てるのまで父親抜きでヒステリックに手伝わせた。テストで良い点をとってもケチをつけ、食事に使う調味料の種類にまで文句を言われた。それでも自制心が働いているうちはマシなほうで、自家製の果実酒を飲み出したら姉弟共々名前を呼ばれないことを祈るしかなかった。


心身が衰えた今は、だいぶ穏やかになった。お陰で身に付いたこともあるし、子供3人の世話を母に任せ切りだった父がそうさせていた側面も少なからずあるから憎悪とかそういう感覚はない。

だから、このドラマのお父さんが過保護過ぎるのも分かるし、子供達が解放されたがっているのも痛いほど分かるつもりだ。



娘のためだと家族揃って田舎へと引っ越そうとする父親の元から、16歳の誕生日を迎えた少女は愛しい人と共に逃げ出す。ところが逃避行の途中で、父に家を追い出された母の代わりに迎えに来たという怪しげな二人組の男に遭遇し、もみ合いの末、相手の一人を殴り倒してしまう。殺してしまったのではないかと項垂れる駆け落ち相手の少年をモーテルへ残し、少女は男の生死を確かめにゆくのだが、そこで少女は自分の隠された能力に目覚めることになってしまう......




1話の冒頭で分かることだからさっさと言ってしまうが、少女に隠された能力とは誰かそっくりに変身出来る能力である。しかも変身している最中は相手が自分といるような感覚があり、しかも向こうは身動きが出来ない状態に陥るというからタチが悪い。変身いうと、それを悪用しようとする組織が登場するような派手な物を連想するかもしれないが、そこは欧州らしく在るものを活かした地味な絵作りで、少女が元の姿に戻る場面以外特殊撮影もほとんどなく、シンプルに人間ドラマをやっているから逆に新鮮さを感じてしまった。


能力者である少女と、それを知って戸惑う少年共に、父親との関係に問題を抱えており、父親が望む自分ではなく、自分が望む自分になりたかっただけなのに、思いがけない試練が待ち構えていた2人がどう成長していき、周囲(家族や能力者を護ろうとする人達)は彼らの決断から何を学び取っていくのかが見所になるのかもしれないが、実は度々変身の被害者になってしまう髭モジャの男が1番の見所だと断言しよう。


使命を果たそうと必死過ぎて、自分が傷つこうと誰かが傷つこうと御構い無しに少女を追う姿もヤバイが、少女が髭モジャに変身した際の見た目は汚いおっさん、でも中身は16歳の少女という怪演が兎に角面白い。Jóhannes Hauker Jóhannessonという人らしいが、個人的にはこういうおじさん応援したくてたまらない。

IMG_8696.jpg

鏡の中では元の姿のまま

IMG_8698.jpg

いきなりこんな姿になったら気が狂ってしまいそう....




Actor Jóhannes Haukur Jóhannesson, 90 sec showreel. from Jóhannes Haukur Jóhannesson on Vimeo.


Jóhannes Haukur (@johanneshaukur) | Twitter https://twitter.com/johanneshaukur




結局おじさんに注目してしまうという暴挙に出てしまったが、たまにこういう短い話数のイギリスドラマを見るのも悪くない。


ほんと地味で地味で地味ではあるのだけれど、街並みや自然の見せ方がほんとに綺麗で、ちゃんとお国柄を出せているのが良いと思う。


IMG_8690.jpg

IMG_8691.jpg

こういう生活に憧れがないと言ったら嘘になる



まだ2話までしか見ていないけれど、オチには期待せずマッタリ楽しみたいシリーズになりそうだ。