”リアル” ”面白い” そういう言葉で説明出来ない映画だった「ダンケルク」クリストファー・ノーラン(監督・脚本)/感想

人間は生きるうえで必要以上のエネルギーを消費している。

生存に必要な住処と食べ物だけでは飽き足らず、電力が必要な電子機器を多用し、化石燃料を使う乗り物を重用する。地球規模で気候が変動しようと御構い無しだ。


そして、人類のエネルギーの無駄遣いの最たるものが戦争だろう。戦争に必要な技術はお陰で進歩したが、失った”もの”の方が遥かに多く建設的とは言い難い。なにせ相手の文化をぶち壊すどころか、自分たちの文化を深めるための資産や時間すら浪費してしまうのだから。戦争など無い方が良いと思っている人の方が多いと信じたいが、人間は自分で経験しないと心底は理解しない生き物であるし、生き証人が死んで行けば、戦争の悲惨さなど直ぐに薄らいで、気に入らない連中を暴力でもって黙らせようとなるのは避けられない。先人が経験した全てを、まるで機械のようにまるっと引き継ぐことができたなら、今頃戦争など根絶出来ているだろうか?

今のところ、結局人間は”ケダモノ”なのだと言わざる得ない。






そんな抗い難い人間の性が露わになるシチュエーションであるからこそ、戦争は映画においても散々ぱら調理されて来た。戦いの高揚感を煽るもの、焦燥感に明け暮れるもの、必要以上に恐怖を植え付けるもの、大自然の前では戦争など児戯に過ぎないと知らしめるものなど、枚挙に遑がない

では、ダンケルクが描いた戦争とはなんだったのか?



フランスとイギリスの連合軍が第二次大戦時に30万人規模の撤退を成功させた史実を元に作られた本作は、陸海空それぞれにスポットをあて、正義や信念といったねちっこい物は強調せず、あくまでも淡々と生き残ろうとする者達を描いていく。戦争映画によくある煽るようなBGMも少なく、独特の雰囲気作りのせいで緊迫した場面でも手に汗握るようなこともなく、よく出来た再現ドラマを見ているような印象を受けた。ぶっちゃっけ娯楽要素は薄い。

それほど強調されていない中でも、最後まで撤退を指揮するおじさんや、燃料切れになった後も敵機を落とす戦闘機乗りなどが格好良く描かれているし、苦肉の策に思えなくもない時系列を前後させる演出も相まって、 飽きることなく鑑賞出来たものの、無謀な作戦の末、装備や兵器を置き去りにして命からがら逃げ出しただけのことを少し良い話風に仕上げたことがピンと来なかった。敗残兵である自分達を国の人達はどう考えているのか不安なまま帰国した彼らが、思わぬ祝福に喜ぶ姿にもリアリティを感じなかった。そんな浮かれた雰囲気を空々しく受け取る姿こそ僕は見たかったのだろう。

IMG_8105.jpg


何をもってリアルとするかは難しい。僕が求めるものだって希望的観測に過ぎないから。

だから戦闘機が美しい映画として勝手に記憶しておくことにした。自動追尾など一切ない古い飛行機で燃料切れなど御構い無しに味方を助けた飛行機乗りの美しさだけで十分満足のいく映画で間違いない。

IMG_8109.jpg
IMG_8107.jpg